メニュー 閉じる

スピーカーとヘッドセット、イヤホンをショートカット一つ簡単に変更するプログラム

一般的なユーザーは、背面パネルにスピーカーを接続し、イヤホンやヘッドセットを使用する必要がとき、フロントパネルに端子を接続させて使用する。このように使用すると、Realtek HDオーディオマネージャのデフォルト設定は、前面端子が入力されると、背面パネルを無視するので、スピーカーが自動的にミュートされて、ヘッドセットで音が聞こえるようになる。

ほとんどのユーザーが、この方法を使用するように、一見するととても直感的で便利な方法であるが、毎回、ヘッドセット端子をさし引いたなければならない、致命的な欠点がある。出力デバイスを実際に時々変更する場合を除き、面倒だけではなく、端子の耐久性にも大きな影響を及ぼしたが、簡単に言えば字句挟んだ省いた場合、すぐに壊れる。だからPC部屋など、頻繁に出力デバイスを変えなければならし手間と耐久度がすべての重要なところでは、背面パネルにスピーカー、フロントパネルにヘッドセットを入れておいて、ボタン一つで複数の出力装置、サウンドカードを簡単に変更できるようになっている。

ところがPC部屋であんなことを通常のハードウェアを使用して解決するのに(ボタンを押すだけ転換されるスピーカーがある)'AudioSwitch'というプログラムひとつとても簡単にどこでも同じ効果を出すことができる。

    AudioSwitchインストールと簡単な使い方

まずAudioSwitch GitHubダウンロードページ'AudioSwitch v2.2.2'をダウンロードしてインストールする。インストールの最後にドネーション(後援)してくれるのかは、チェックがされているが、必ず必要ではないからたくない場合はチェックを外して完了するとされる。とても便利で、ありがたいプログラムだから余裕があれば後援してあげよう。また、インストール時にデフォルトで「Windowsの起動時に自動実行」に登録されるが、必要のないユーザーはオフにあげよう。ところで当然のことながら、起動時に自動実行するのがはるかに便利である。

インストールして実行すると、少し珍しくも実行ウィンドウ別に出ずにウィンドウ右下のトレイアイコンに生成される。クリックすると、現在使用されている出力デバイスとボリュームが見えて、ここで出力デバイスを選択すると、すぐに変更される。

これだけでも十分に気楽ですが、私たちが望むのはショートカット一つ右の出力デバイスが変更されるようにすることだから、右クリック>「Settings」メニューに進入するようにしましょう。

その後、あれこれディテールにも設定できる優れたメニューが見えるが、本当に良い機能だが、とりあえず今は越えて'Hot Keys'タブに移動しましょう。

その後、チェックボックスが表示されている入力フォームが一つであろう、一番左のメニューである'Function'下のドロップボックスをクリックして、最も最初のの'PreviousPlaybackDevice'メニューをクリックしてみましょう。「前の再生装置」に変更する機能であり、この他にも「次の再生装置」、「次の録音装置」、「音ミュート」、「録音ミュート」、「ボリュームアップ」、「ボリュームダウン」など、様々な機能がある。

そしてホットキーを指定してくれればされるが、それぞれ「Control」、「Alt」、「Shift」、「LWin、「Rwin」、「Show OSD」の本人が希望する機能キーをチェックしてくれて、最後の「Hot key」を定めば終わりである。たとえば「Alt」にチェックして「Hot key」を「F1」に設定しておくならば、今後、「Alt + F1」キーを押すたびに、スピーカーとヘッドセットが変更される。すべての設定が終わったら、右下の「Apply Hotkeys&Close」をクリックしてホットキーを保存して終了しましょう。

注意として使用していない出力デバイスが設定されている場合、煩わしく何度もショートカットを押す場合が生じることがありますので、使用しない出力デバイスがある場合は「Playback Devices」メニューに入りして「Hide device from switch list」にチェックした後「Save Settings」をクリックして保存すると、使用していないデバイスが隠されます。

コメント(情報は必要ありません)

Posted in 全体 - All , ヒント - Tips

이메일 구독 - Email Subs

최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
We share the best content we have created.