メニュー 閉じる

織田シティ(Audacity)AmplifyとNormalize使い方と違い

無料のオープンソフトウェアでありながら優れた性能を示してきシティ(Audacity)。その音源編集プログラムの効果中、一見ハットひくことができる似た機能増幅(Amplify)とノーマライズ(Normalize)の効果の使い方と違いを調べてみる。

    まず、織田シティ(Audacity)をダウンロードする必要がだろう?

織田シティ(Audacity)公式ダウンロードページで、Windowsベース'Audacity for Windows' > 'Audacidy 2.3.0 installer' > 'Audacity Windows Installer'ルートを介してダウンロードしてインストールする。

    増幅(Amplify)効果の機能

効果に対して正確に知るには、効果の名前自体を理解することが最も簡単な道である。音は振動を介して配信されるものであり、この振動の振幅を増幅させて音を育てるのが増幅(Amplify)効果であり、先に述べた通り、小さな音を大きく育てる機能をする。

また、この増幅は、すべての振幅に適用されるので、ノイズもまた大きくなる。したがって音源編集をするときは、「ノイズ除去」>「増幅」はなくて、「増幅」>「ノイズ除去」の順にしなければならない。

10個の音源を選択して、10dBだけ増幅させると、それぞれの音源が現在自分の声で10dBほど大きくなる。

    増幅(Amplify)効果の使い方

特定の区間を増幅させてたい特定の区間をドラッグで選択し、全区間を増幅させてたい」[Ctrl + A」を押してすべて選択する。

上部の「効果(C)'>'増幅...」あるいは「Amplify」をクリックして増幅メニューを浮かべる。

「増幅(dB):「後ろ任意の数字が書かれているだろう。織田シティにデフォルトで設定されている標準的なボリュームのサイズがあり、増幅機能を使用すると、世話を設定されている適正サイズに合った増幅値を保持するものである。通常の場合は、書かれているように増幅させるとされ、そうでなければ、直接値を少ないとされる。正の少ないと音が大きくなり、負( - )の少ないと音が小さくなる。増幅効果が、音を育てるだけでなく、小さくすることもできるだろう。

    ノーマライズ(Normalize)効果の機能

ノーマライズは「標準化である」という意味を持っているが、やはりその名の通りの機能である。音源を選択して、ノーマライズ機能を適用させると、先に述べた通り織田シティにデフォルトで設定されている標準的なボリュームのサイズを基準に音の大きさが自動的に調節される。

ためのものの音源のみノーマルライズしたときに増幅機能と星の違いを感じませんが、複数の音源を同時に適用する際、その効果が適切に表れている。

複数の音の大きさがそれぞれ異なる音源を10個」、Ctrl + A」を全体選択した後、ノーマライズを適用させると、各音源の標準値を算出して、標準よりも小さい音源はさらに増幅させ、標準より大きな音源は音を減らすなど、名前のように、それぞれの音源の大きさを「標準化」させる。

    ノーマライズ(Normalize)効果の使い方

同様に「Ctrl + A」を押してノーマライズさせる音源を全選択したあと、「効果(C)'>'ノーマルライズ」あるいは「Normalize」をクリックしてノーマライズウィンドウを浮かべる。

「DCオフセット除去(波形を0.0振幅レベルで中心に置く)」機能と「次の最大振幅値にノーマライズする:-1.0 dB」機能にチェックがされているはずなのに、実際にそのまま使用するとされる。

「DCオフセット除去は、「0.0振幅に基づいてDCオフセットを除去し、これにより、歪みを低減し、さらに正確にノーマライズする適当そんな機能だが、詳細を知る必要はなく、チェックしておくよい。チョン気とチェックしていないしの違いを直接感じてみよう

重要なのは、デフォルト「-1.0 dB」になっているがデシベル数字だ。最大0まで設定でき、0を超える数値は、入力しても「OK」ボタンが有効にされない。ため、値を0に入力すると、織田シティに設定されている標準的な音響に基づいて最大のボリュームにノーマライズされる。

最後の「ステレオチャンネルを独立してノーマライズする」機能は、文字通りだ。両方の音が別に聞こえるステレオ音源を使用する場合に活用できる機能である。

    増幅(Amplify)とノーマライズ(Normalize)の違い

意味と効果を正確に区別ザラザラ増幅は音を大きくしたり減らすことで、ノーマライズは音を標準化するものである。

簡単に例を挙げれば、10個の音源を10dBほど増幅させると、小さな音た大きな音たそれぞれ公平に本来自分の音の大きさで10dBほど大きくなる。

しかし、10個の音源をノーマライズする場合は、小さな音はさらに大きく、大きい音はさらに小さくなり、標準的な音源のサイズに分かって調節される。このプロセス中に小さな音はどうせ増幅が行われるため、ヘッガルリである。

    増幅(Amplify)とノーマライズ(Normalize)により一緒に大きくなったノイズ除去

先に述べたように、両方の機能の両方の音を育てると、ノイズも一緒に大きくなるので、織田シティノイズ除去方法。簡単に必要なノイズだけを除去編を参考にして、増幅のために一緒に大きくなったノイズをきれいに除去することができる。

コメント(情報は必要ありません)

Posted in ビデオ制作 - Video making , All

이메일 구독 - Email Subs

최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
We share the best content we have created.