メニュー 閉じる

AutoHotkey定型Hotstring、便利なオプションとミスの修正の実装

たまに略語とも呼ばれるこの定型句の機能は、頻繁に使用する文章や式、人ロンオ、メモ、情報を入力しておいたが、必要なときに簡単な入力で読み込む機能をいう。たとえば、「ハイ」と打てば「こんにちは、はじめまして、私の名前はGKKmonです。」というフレーズに変わるなどのものである。

この定型は速記者がCAS、音、Javaなどの専門的なハードウェアである速記キーボードや速記キーボードを使って利用したり、通常のキーボードとして使用するには、通常の有料プログラム、あるいは、ハングル翻訳がされていない、少し複雑な無料のプログラムを使用したり、しなければならない。

ところで、実際にオートホットキー(AutoHotkey)のホットストリング(hotstring)機能を使用すると、すべての定型句の関連機能をあんな専門的な機械や有料プログラムよりも高クオリティで簡単に実装することができる。

優先オートホットキーを初めてユーザの方は、チュートリアルを進めて、次の内容を続けていけばされる。簡単なオートホットキー(AutoHotkey)のインストールと基本的な使用方法です。チュートリアルの例

    ホットストリング(hotstring)コード'::'で定型とタイプミスを修正オートホットキーを作成し

定型句を使用するホットストリング(Hotstrings)の基本的なコードは以下の通りである。

::hi::Hello my name is GKKmon

さてこのように基本的なコードを設定すると、'hi'と入力した後、エンターやスペースバーを押すと、'Hello my name is GKKmon'というフレーズに変わることになる。

実はこれだけで定型説明は終わったのと同じなのですが、いざこのまま使ってみると不便な点がかなり多くのことがわかる。まず、必ずエンターやスペースバーなどのアクションを取る必要がありますが、定型句に変更されるということだが、この状態では、間違って入力するか、他の状況では、さらに面倒なばかりか、タイプミスの修正などの機能を活用することは難しい。

    ミス修正も便利な、すぐに変更'*'属性

ための定型を入力すると、すぐに変更されるようにするには、最初に'::'の間に'*'一つだけ入れてくれれば良い、このようにだ。

:*:hi::Hello my name is GKKmon

このように入力すれば、'hi''i'を打つ瞬間すぐ定型に変更される。

この機能を活用して、以下のような方法で定型を設定しておけば、自動的にタイプミスを修正することができる。ちなみに定型句は、英語だけを認識するので、前は必ず、英語で入力する必要がある。

; 'ㅇ낳'을 '않'으로 오타수정 해주는 상용구
:*:dskg::않

; AutoText to edit the 'appel' to 'apple'
:*:appel::apple

このように保存しておけば'ㅇ낳'とミスが出たときにすぐ'않'に修正がされ、'appel'とミスが出たとき'apple'に直接修正される。

    前後の文脈に依存しない'?'属性

しかし、これもまだ実戦で送る円不便コードだ。なぜなら前何の文字がなく、独立的に書いてたときにのみ、定型句が動作するからである。

たとえば、上記の場合'그렇지 ㅇ낳고'とミスが出た場合には、以前に何の文字がないので、すぐに修正がされるが、'그렇지ㅇ낳고'のように続いて打ったときの修正がされていない。ため、前後の他の単語があった巻い無条件定型に変更されるようにするには、'?'を追加する必要がある。

:*?:dskg::않

:*?:appel::apple

このようにだけ知っていても、そこそこの定型句はもう無理なく自由に使用することができる。ただしハングルを使用するため、不便な点がいくつかありますが、そのための機能も存在する。

    ハングルの定型句のエラーを防止するためのバックスペースの調整'B0'属性

最初は、この定型句の機能が'hi'と入力すると、両方の文字を認識してバックスペースをダブルクリックし、定型句を入力する方式であるため、英語では全く問題ありませんがハングルで使用すると、より削除してしまうという問題が発生する。

例えば、'그렇게도'を少なく消してみると、合計5回のバックスペースキーを押すのに、これを英語で少ない'rmfjgrpeh'を消去するには、合計9回のバックスペースバーが必要である。ため

:*?:rmfjgrpeh::그렇게도

と設定しておけば、デフォルトの設定である英語数として認識して合計9回のバックスペースを押した後の定型を入力して、'그렇게도'は5回でクリアされるため、バック4回消去現象が起きるようになる。

ため、このような場合には、バックスペースバーの数を調節してくれるとするが、5回のバックスペースバーが必要だから、次のようにコードを変更すれば良い。

:*?B0:rmfjgrpeh::{bs 5}그렇게도

青色に塗りした'B0'は、先に言ってたバックスペースのすぐ前に少なかった文を消去ように設定するコマンドであり、赤塗りした'{bs 5}'は、バックスペースキーを5回押してという命令である。このようにコードを書いて入れて、ハングルの定型を使用しても後ろにより消去現象をなくし、正確に入力できるようにすることができる。ハングルのだけでなく、英語以外の定型句を使用するには、使用する機能であり、非常に便利な機能である。

    大文字と小文字を区別して二重子音などに活用することができます'C'属性

最後に、大文字と小文字を区別するための'C'属性がある。この属性を追加すると、大文字と小文字まで区別して正確に同じ時にのみコードとして認識するので、英語では、大文字と小文字、ハングルでは二重子音のような場合にも、自由に実装することができる。例のコードは以下の通りである。

; 빵을 핫키로 하기 위해선 Qkd 이라고 대소문자를 구분해 핫키를 만들면 된다.
:C:Qkd::내가 좋아하는 빵은 슈크림빵

:C:Ap::Apple

上記のコードのように'C'属性を使用すると、正確に'빵'と入力しなければなら定型が発動して、当然のことながら'방'には反応しなくなる。

ここまでが、個人的に考えているオートホットキーの定型機能ホットストリング(Hotstring)の必須属性である。ここ出ている機能のみ使用しても市販されている中途半端な定型プログラムよりも簡単で、クオリティに定型とミスの修正機能の両方を自由に使用することができる。

この他にも、より多くの属性がありますが、種類がとても膨大で上記の属性以外の利用率が高くないので、次の機会に説明するようにする。気になるなら公式オートホットキー(Autohotkey)Hotstringsヘルプで確認することができる。

コメント(情報は必要ありません)

Posted in オートホットキー - AutoHotkey , All

이메일 구독 - Email Subs

최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
We share the best content we have created.