メニュー 閉じる

コントロールの Ctrl キーを押すと、ミュート、キーボードの故障原因および解決

つ蜂蜜運転 (GKKmon) は電子機器を安全に使用することに非常に敏感で、オーウェンは、携帯電話のキーボードの間でプロダクトに使用するほうだ。ところで数日前にキーボードカバーがかぶせられているキーボード上に水をかける日が最初であり、当時には、水だけを磨き、私から何の問題も起こらなかったのでそれだけで渡された。これに耐え、その日はしっかりしていたキーボードが次の日の夕方になってからだが見えた、このために解決するためにいくつかのシャベルですくい出しを試みたが、誰かにとって、役立つ内容と文章を作成する。

    コントロールキーを押すとミュート機能だけ故障の現象

でもつ蜂蜜運転 (GKKmon) が、今回直接遭遇する現象ですが、左側のコントロールキー (Left CTRL key) をクリックすると急にミュートになり、再度クリックするとミュートが解除される。この状態で表示される他の症状はキャップロック (Caps Lock) キーを押すと、ボリュームがダウン状態になり、パット・キー (Pause Break) も同様に、ボリュームがコントロールされる。もウィンドウのキー (Windows key) やプリントスクリーンショットのキー (Print Screen、sysRq) を押すとロック・モードに入るか、またはコンピューターをオフにするべきである。

すべてに共通するのにキーボードのファンクションキーは、メディアまたはウィンドウのキーに変換されるという特徴を持っているエラーですが、特定するにもいくつかの機能キーは正常に機能される。特定のファンクションキーのエラー私は、明らかに私は知らない間に更新や設定変更などのためにキーボードの設定が逆にいた。コントロールパネル、キーボード、ユーザー補助のオプション、ショートカット、クイックキーは、個人設定等の機能を完全に行ってレポートを変更し、初期化しましたが、症状は固定しておらず、最後の手段としてほとんどの過去のポイントにシステムの復元までしましたが、やっぱり無駄ではなかった。ひょっとの心に新しいキーボードに交換することでキーボードの故障ということがわかりました (억울해死ぬことも)。

もし自分のキーボードが故障したために、完全に詰まっているわけでもなく、よくされ、いくつかにするとき (特に、コントロールキーを押すとミュートになるなど、メディアの動作をするとき) は、設定など、ソフトウェア側で解決しようとせずに、キーボードのハードウェアが故障しているかして、新しいキーボードまたは他のキーボードにぜひテストをお試し下さい。途方もなく高い確率でキーボード自体の故障や入力信号のエラーが起こることである。(蜂蜜の運転 (GKKmon) のような場合、おそらく前日に水を쏟았던ことにより、回路にエラーが起こったことを推測する)。

    キーボードを変更せずに修理する方法

場合上記のような場合ですが、予備のキーボードがなく、すぐに買いに行くことができないによって状況や状態である時、キーボードのレジストリを変更して임시방편に書き直すことができる。場合レジストリの変更が難しい場合はキーの調整 (Keytweak) ' のようなプログラムに簡単に変更することもある。

キー調整プログラムを使用するキーボードエラーを修正する方法は、

  • Keytweak を実行し、
  • 下ハーフタッチモード (Half Teach Mode) をクリックします。
  • ' Scan a Single K e y ' をクリックし、>、故障したキーを押した後
  • Scancode が入力されると、以下の ' Destination Key {select key from list ' メニューで、変更するキーを選択し、
  • ' Remap ' ボタンを押す。
  • その後右下の ' Pending Changes メニューに変更と入力し、その下に ' A p p l y ' をクリックして
  • 再起動またはログアウトしてから入ると、適用される。
  • この方法は上記のような場合や、キーボードエラーの修正にのみ使われるだけでなく、右のためのキーが化けたり、頻繁に使わないキーは、ノートパソコンのようにキー設定が不快な状態で自分の好みどおりにキー値を変更するにも非常に有用である。

    コメント(情報は必要ありません)

    Posted in All , ヒント - Tips , 情報 - Information

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.