メニュー 閉じる

ブレッドクラム作成inワードプレスYoast SEO

ブレッドクラム(Breadcrumbs)は「パンチォがリ」という意味で、ヘンゼルとグレーテルで兄妹が通り過ぎた道をパン粉で表示したことに由来した言葉だ。

機能は、名前の由来のように、ウェブサイトでは、現在、私とどまっているページがどのような経路を介して来ることができる所なのかを示し、パン粉で道を表示したように、「ホーム」>「カテゴリー」>「現在のページ」のような方式を介してユーザーに直感的なインターフェースで、自分が滞在しているページにどのように到達し、いくつかのカテゴリーに属しているかなどの情報を一目で認識できるようにしてくれる。

ので、このブレッドクラムを使用すれば、そうでない場合よりも優れたユーザー体験を提供することになり、これは、高いSEO(Search engine optimization、検索エンジン最適化)の評価に反映される。

グーグルに検索したとき、検索結果でのタイトルのすぐ下にパーマリンクは、URLが緑色で表示されているが、場合によっては、ここにURLだけあるのではなく、'https://gkkmon.com › WordPress'のようにカテゴリ名まで表示される場合を見ることができる。この意味は、すなわち、GoogleでブレッドクラムがSEOに良い影響を与えということを認め、積極的に推奨しているという話になる。

    ブレッドクラムをワードプレスのサイトに適用する方法

自由度の高いワードプレスだけに、当然のことながらブレッドクラムを挿入する方法はいくつかありますが、その中で最も効果的な方法は、バ「Yoast SEO」のプラグインの機能を使用するものである。

この方法が効果的だと言われた理由は、簡単で信頼性の高いことだけでなく、私たちがブレッドクラムを使用する理由は、SEO最適化のためだが、「Yoast SEO」のプラグインは、SEO最適化のためのプラグインであるため、最もSEOフレンドリーでブレッドクラムを生成するからである。

同じブレッドクラムもただのテキストだけが表示されていることと、検索エンジンに適切な方法で情報を提供しながら、ブレッドクラムが表示されるのは、かなり大きな違いがある。ためSEOのためにブレッドクラムを使用するように専門的な人を使って、その効果を適切に得ている。

    「Yoast SEO」のプラグインとしてブレッドクラムを使用する方法

まず「Yoast SEO」のプラグインとしてブレッドクラムを設定する方法自体はすごく簡単である。「Yoast SEO」のプラグインをインストールすると、生じるワードプレスメニュー'SEO' > 'Search Appearance' > 'Breadcrumbs'メニューから'Breadcrumbs settings''Enabled'させて可動させよう。各属性は、次のとおりである。

  • Separator between breadcrumbs:ブレッドクラムの段階の間に入れる記号を定める。基本は「»」になっている
  • Anchor text for the Homepage:ホームページを何を表示するかを定める。基本は「Home」である。
  • Prefix for the breadcrumb path:ブレッドクラム移動経路のプレフィックスを定める。
  • Prefix for Archive breadcrumbs:アーカイブブレッドクラムのプレフィックスを定める。基本は「Archives for」である。
  • Prefix for Search Page breadcrumbs:検索ページブレッドクラムのプレフィックス。基本は「You searched for」
  • Breadcrumb for404 Page:404ページのブレッドクラム。基本は「Error404:Page not found」
  • Bold the last page最後のページの文字を太字するか、デフォルトとするかを定める。「Bold」が太字で「Regular」が規定サイズだ。
  • 最後Taxonomy to show in breadcrumbs for content types」という文、ページ、メディアのブレッドクラムをどのように表現するかを決定する。文は、基本的にカテゴリー、タグ、文章形式に分類することができ、個人的にもSEOの面でも、特別な点がない場合は、カテゴリーの方法で分類する方法をお勧めします。
  • このように設定を終えて「Save changes」で保存すると、「Yoast SEO」で設定はすべて終わりである。

      テーマでブレッドクラム(Breadcrumbs)を設定する

    上記のように正常に「Yoast SEO」でブレッドクラムの設定を終えたら、ほとんどのテーマ(Yoast SEOと互換性のある)でワードプレスの管理ページ「外見」>「ユーザー定義」メニューの一番下に「Yoast SEO Breadcrumbs」というメニューが生成されたものである。

    だからといって、このメニューからテーマソルジョルをするわけではなく、それだけで「あ生じな」と確認した後、Customify「テーマ基準」の互換性」>「ブレッドクラム」メニューに入りてメニューを設定しましょう。

    - 位置表示:「ヘッダーの後に'、'カバー/タイトルバーの中に」、「サイトのメイン前の「いずれかを選択すればよい。「ヘッダーの後に「メニューが最も一般的であるため、ユーザーフレンドリーであり、すなわち、SEOに有利である。しかし、サイトの構成に応じて、他のメニューがより効率的な場合もありますので、直接の位置を変えながら最適化して見るようにする。

    - 表示する:どのページにおいてブレッドクラムを表示するかを設定する。文字通りブレッドクラムがナタナギル必要な部分にチェックすればよい。設定できるメニューは、現在の基準以下の通りである。

  • 「インデックスで隠す」
  • 「カテゴリで隠す」
  • 「検索で非表示」
  • 「文ライブラリから隠す」
  • 「単一ページで隠す」
  • 「単一の文で隠す」
  • 「単一の非表示」
  • 「404ページの非表示」
  • - 文字:ブレッドクラムの文字デザインを定義する。設定できるメニューは以下の通りである。

  • フォントファミリー:ブレッドクラムのフォントの種類、すなわち「Sans'、' Sans-serif'のような「Font-family'を設定する。
  • Font Weight:フォントの太さを定義する。デフォルトでは、太字、100〜900まで設定することができる。
  • フォントサイズ:フォントのサイズを決定する。ピクセル(px)単位を使用して、PCの画面、タブレットの画面、携帯電話の画面サイズごとに異なる設定ができます。
  • 行間隔:ブレッドクラムが複数行生じたときに、それぞれの行同士の間隔を定義する。詳細設定は、上記のとおりである。
  • 文字スペーシング:ラインの間隔がなく、文字一つ一つ同士の水平方向の間隔を定義する。詳細設定は、上記のとおりである。
  • フォントスタイル:フォントスタイルを決定する。離脱リック(Italic)のように文字をひっくり返す投げする機能をする。
  • Text Decoration:テキストデコレーションを定める。下線を打つ投げする機能である
  • Text Transform:文字が自然に書かれるかは、最初の文字を大文字にするか、すべて小文字にするか、すべて大文字にすることかなどを決定する。
  • - スタイリング:ブレッドクラムの文字を含んでいる領域をスタイリングする。

    'Normal'メニューから色とリンクの色、厚さ、背景色、背景画像、罫線のスタイル、枠丸く、ボーダー影などを設定することができ、'마우스 오버'メニューからのリンクにマウスを上げたときのリンクの色を変更することもできる。

    このように設定を終えた後、上部の「公開」ボタンを押して、「ユーザー定義」を完成すれば、もうサイトにブレッドクラムが表示される。

      ブレッドクラムメニューがないテーマや、直接の位置を設定する

    テーマが自動的に「Yoast SEO」のプラグインのブレッドクラムを認識していなかったり、本人が希望する位置(GKKmonように、ポストの下部に表示します投げ)にカスタムにブレッドクラムを表示したいときには、以下のような方法を使用して解決することができる。

    まず「Yoast SEO」のブレッドクラム関連公式ヘルプでは、次のように「PHP」のコードを使って表現したいページに直接挿入するか、

    <?php
    if ( function_exists('yoast_breadcrumb') ) {
      yoast_breadcrumb( '<p id="breadcrumbs">','</p>' );
    }
    ?>
    

    あるいは、次のようなショートコードを活用して表現するように推奨している。

    [wpseo_breadcrumb]
    

    しかし、二つの方式も食わない場合がありますが、その場合は、以下のようにGKKmonが作成されたショートコードとphpを合わせたコードを使用すると、エラーなしブレッドクラムを適用させることができる。

    <?php echo do_shortcode('<div id="breadcrumbs">[wpseo_breadcrumb]</div>'); ?>
    

    上記のコードを「single.php」(投稿ページ)など、本人が希望する部分に直接挿入するとされる。また、このように直接ブレッドクラムを挿入した場合には、一つ一つのスタイルを最初から指定なければならない。

    コメント(情報は必要ありません)

    Posted in All , ワードプレス - Wordpress

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.