メニュー 閉じる

f.lux - ブルーライトをカットして、あなたの目を守る人生のプログラムの使い方

今日紹介するプログラムは、前回紹介した 「複数のコンピュータでマウス、キーボード、クリップボードの共有するインプットダイレクターInput Director」 と同様に、10年近く使用しているGKKmonの人生のプログラムの一つであるf.lux(フラックス、Flux)である。

f.luxはモニターで発生するブルーライトを減少させてくれるプログラムである。しかし、市販の漂うオジュプぬプログラムとはクラスが別の人である。まず、プログラムをインストールしてすぐに、Googleマップなどのプログラムを使用して位置情報を入力する。これにより、国と現在、緯度、経度を把握し、実際のユーザーが居住している地域のタイムゾーンと太陽の光の強さを考慮して、画面の明るさを自分で調節くれる(ただし、GKKmonは、この自動調整機能が嫌い使用しない(笑))。

ため日光が明るい昼間の時間帯には、過度に画面を暗くしてよく見えないか、または異質な問題を解決してくれ、いつもより暗く、光に敏感になる夕方の時間帯には、さらに暖かく、暗い色に目を快適にしてくれる。(これらのパターンが夜の時間の間にの目の疲れを軽減し、睡眠パターン障害を与えるように設計されたものとする。)

この自動調整機能の他にも、カラーグレーディング作業をするとかする色味が重要な作業をするときは、「Alt + End」キーを押してオフにキルスもあり、「Darkroom mode」のような完全に暗い部屋で使用するためのユニークなモードにまで、シンプルで軽いソフトウェアでありながら、その機能は、とてもビッグな人である。そのため、一度使用すると、継続して使用するしかなくなるほど便利なソフトウェアとは、私も十年近く使用しているので皆さんにもこのゲクルプログラムを簡単に紹介しよう。

    ダウンロードとインストール方法

最新化からなるプログラムであるため、ダウンと設置がとても簡単である。まず f.lux公式ダウンロードページ に接続して中間に見える青色のボックスの中に「Download f.lux(v4.84)」をクリックしてダウンロード受けよう。その後、ダウンロードした「flux-setup.exe」ファイルを実行すればよい。その後のインストールプロセスは、別に説明するがないほど簡単である。

    f.luxインストール後の初期設定

インストール後に実行すると、一番最初の位置を尋ねる、GKKmonよう時間帯にとらわれず、常に同じ明るさを維持するか、直接状況に応じて調節しながら使用したいユーザは、「位置情報サービスをオンにしますか?」と頼まれたとき「いいえ」をクリックして、そのまま取り出してしまえばされる。

位置情報を使用した自動調整機能を使用したい場合は

  • 緯度と経度を求めて「Where am I?」(もし誤ってコボリョトならf.luxウィンドウの右下に「Location:37.7?N、127.0?E」と書かれている緯度と経度の部分をクリックすると、リセットすることができる)ウィンドウに緯度と経度を入力してくれるとする。
  • 基本的にはソチンをハヌンゴ気もするが、ハングルの認識はできず、英語で入力しても、何か不正確に表示される場合が多い。ため、以下に示すグーグルマップの「大きな地図を見る」をクリックして直接自分の位置を見つけてクリックしましょう。
  • クリックすると、下部に位置名の数字が表示されされるが、この数字がすぐに緯度と経度である。ドラッグしてコピーするか、そのまま「Please enter a zipcode or location:」のテキストエリアに貼り付け「Search」ボタンを押すと、位置が入力される。
  • 今「OK」ボタンを押して保存すると、入力された位置情報を使用して自動的に最適化された明るさが適用される。
  • 今の基本的なインストールと設定は終わり、このまま使用すると、されているが、設定とセッティングにより、さらに本人の口に合うようカースティマイズすることができる。f.luxのすべてのメニューは、フラックスウィンドウの左上の3行が引かれているハンバーガーボタンを押して実行する。

      f.luxの具体的な使用法及び設定

      時間帯別の明るさの設定 Adjust day and night colors together

    地域を設定すると、昼(Daytime)、日没(Sunset、し夜明け)、夜(Bedtime)三つタイムに区分して、画面の明るさが調節されるが、この三つのタイムで、光の強さを直接カスタマイズすることができる。

  • 左上の三行のメニューに進入して「Adjust day and night colors together」をクリックします。
  • その後、目に見える3つの時間帯での円を左右に動かして直接設定すればよい。
  • バーの色から操作がとても直感的であるため、これ以上の説明は必要ない。
    • オプションとスマートライティング Options and Smart Lighting

    2番目のメニューである「Options and Smart Lighting...」をクリックすると、f.luxの細かいオプションやショートカットなどを設定することができる。全部の注意事項なしに説明するように動作するので、一つ一つ説明していない重要なメニューのみ説明する。

    「Use these hotkeys to control f.lux」という機能は、基本的にチェックされているが、f.luxのショートカットキーを使用するかどうかを決定する。

  • 「Alt + End」ボタンは、一時的にf.luxの機能をオフにつける。Photoshopのとかプレミアプロなどの映像や写真の操作をするために正確な色の区別が必要なときにとても便利な機能である。GKKmonこのf.luxを使用して、最も頻繁に使用するショートカットキーでもしたら、他のものは分からなくても、この人だけはウェウォヅ者。
  • 「Alt + PageUp」、「Alt + PageDown」モニターの明るさを調節する。f.luxの機能的な色ではなく、実際にモニター自体の明るさを調節してくれる機能である。夜間作業を行うとき、光が強すぎると、目に負担が行く、そんな時にとても便利です。
  • 「Alt + Shift + PageUp」、「Alt + Shift + PageDown」f.luxの独自の機能の中で色を変更する。かなり細かく調節が可能なので、あまりに暗くてかえって目が不快感や色の区別が難しいとき、直接適当に調節できる長所がある。
  • その次に重要な機能は、中間にある「How quickly should transitions happen?」機能なのに、f.luxは基本的に色が変更された時、目に適応する時間を与えるために非常にゆっくり変更されるが、この速度を変更することができる。ステップは、Slow(ゆっくり)、Medium(中)、Very Fast(非常に速い)の3つの段階だ。GKKmonは性格が急で「Very Fast」を使用する。

      f.lux明るさと色の調整 Change current color

    先進ショートカット機能の「Alt + Shift + PgUp&PgDn」機能でも実行することができる色と明るさの調整である。1200K〜6500Kまでの色を調整することができ、それぞれの色に名前が付いているのが真心が感じられる。

      f.luxの画面エフェクトと特別色 Effects and extra colors

    単純明るさ調節だけでなく、f.luxだけの独特の画面エフェクト効果や特異な色を指定することができる。

  • Movie Mode - 映画モードなのに、おそらく映画に最適化された色イルコと推測されるが、大きく何他たか分からない。
  • Darkroom Mode - 直訳すると暗い部屋モードなのに、画面の色が反転して見える。とてもユニークで魅力的なモードであるが、一度タイトルのように部屋一面暗いときに使用すると非常に目が楽そうなモードである。
  • Vignette Mode - バーネットモードでは、映像処理をした人にはおなじみの用語ですが、画面の枠を暗く作成画面の中心部に集中し、この集まりれるようにしてくれるモードです。使ってみると何の話なのかすぐに知ることができますが、個人的にこのモードがとても斬新である。何か文章を読んだり、集中すべき時に使用すると、面白そうなモードである。
  • このように、3つのがエフェクトの効果と、その下にはf.lux基本色ではなく、特定の色に変更することができる。ためエフェクトと一緒に使用することができ、それぞれその名の通りの色を意味する。

      しばらくf.luxを停止Disableモード

    最後に、名前のように、しばらくの機能を停止させることができる。これは通常、「Alt + Endキーを使用するが、このショートカットでは、1時間後に戻ってくるように設定されている。

  • 「until sunrise」を選択すると、しては庭まで機能が消灯され、
  • 「for fullscreen apps」は、全画面表示時に自動的に電源が切れている。
  • 最後に、現在実行しているプログラムで表示されるので(例えば、クロムをつけていれば「when using Google Chrome」というメニューが生成される)が、プログラムが終了するまで引く機能も存在する。映像編集や画像の操作をした場合、PhotoshopやPremiere Proの電源が切れるまで設定すればとても楽そうだ。
  • そして、このメニューにあるわけではない、f.luxの右上にあるドロップダウンメニューに色を変更することもできる。

      Finish

    長い使用したプログラムの書き込みを使えばいつでも書き込みが思ったより長くなる。愛着も多く知らせたい機能も多くそうなるようだ。事実上f.luxを使用して活用することになる、ほぼすべての機能を扱ってきたが、利便性を越えて、あなたの目を守ってくれる(眼球乾燥症にも効果が卓越している)本当に大切なプログラムだから、機会があれば必ず使用もよいでしょう。

    コメント(情報は必要ありません)

    Posted in All , ヒント - Tips

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.