メニュー 閉じる

AWS Route53ドメインをTistoryに接続(connect)する方法。そして注意事項

前回の時間に 「Amazon Route53」でドメインを購入 場合は、国内第2世代加入型ブログ寀ー(Tistory)に接続することができる。この組み合わせを使用すると、ドメインは私のドメインのアドレスを使用することができながら、同時にホスティング、クラウドなどのメンテナンスコストの面での負担を大幅に減らすことができる長所がある。

もちろん GKKmonサイトを作ることになった理由、ブログを定めるとき、最も重要なことは? 編で述べたように、企業への依存度が生じるという大きな欠点である依然として存在する。しかし、寀ードメインをそのまま使用するのではなく私のドメインのアドレスを使用するので、寀ーの閉鎖、アカウントブロックなどの脅威の状況にどの程度のコントラストが可能である(閉鎖されてもブログは飛んでも迅速に対応する訪問者は、まだそのようなアドレスで訪問することができるからである)。だから、今日は寀ーにプライベートドメイン接続するセッティングを見てみましょう。

AWS-Route53-도메인을-티스토리에-연결하는-방법-과-주의사항-How-to-connect-an-AWS-Route53-domain-to-Tistory-And-precautions.gif

    寀ー(Tistory)に「AWS Route53「個人ドメインを「Aレコード」で接続

  1. 寀ー管理者ページにアクセスして、最も下の "管理→ブログ」あるいはプロフィールアイコンをクリックしてブログの設定ページに移動する。
  2. 下部に「プライベートドメイン設定」メニューのURLを入力し、ウィンドウを見つけることができますが、現在は少なくみても「DNSサービスの設定情報を再確認してください」というメッセージだけが表示される。
  3. ため、ドメインサービス側の設定を先に進めなければならない。ルートドメインにCNAMEレコードを登録することができる場合には「host.tistory.io」、「blog.tistory.com」を入れるとされるが、AWS Route53のようなしっかりとしたメジャーサービスでは、セキュリティ上の問題のために、標準のとおり対応していない(これ合うだ)。正CNAMEに使用するには、前に「www」を付けて「www。ドメイン名.com」式では登録することができる。ちょうどそう登録する場合、「ドメイン名.com」に接続すると、エラーメッセージが浮かぶので、決してお勧めしない方式である。つまりAWS Route53を含む、通常のドメインサービスを使用時に「Aレコード」を使用して登録しなければならない。

  4. Route53マネジメントコンソール「Hosted zones」 に接続して、本人のドメインをクリックして詳細に接続する。
  5. その後、「Name」、「Type」、「Value」など、あれこれ情報が見えるが、気にする必要なく、上部の青色の「Create Record Set」ボタンを押す。
  6. その後、右側に「Create Record Set」メニューが開き、「Type」ドロップボックスをクリックして「A - IPv4 address」を選択する(デフォルトである)。
  7. 他のものは触れずに、次の「Valuse:「値の「寀ーのAレコードのIPアドレス」を入力する。 寀ー公式IPアドレスの確認ページで更新される最新のアドレスを確認することができ、現在のアドレスは、'27.0.236.139」である。
  8. 下部の青い「Create」ボタンを押すと、DNS側の設定はすべて完了したものである。
  9. 再び寀ーに戻り、さっきの「個人ドメイン設定」メニューのURLを入力し、ウィンドウのドメインのアドレスを入力する。(ex http://ドメイン名.com)
  10. 活性化されるオレンジ色の「変更を保存」をクリックすると、登録が完了している。メニューが変わり、「DNSの設定情報 - 確認完了」というメッセージを確認することができる。
  11. 下部の「セキュリティ接続の証明書」は、「発行待ち→発行完了」のプロセスを介して登録するだけで自動的に発行される。情報には、数時間から最大7日ほどかかるとするが、10分ほど経つと、発行が完了した。
  12. すべてのプロセスが終わった、自由にプライベートドメイン寀ーを使用すると、されている

重要な事項は、「Route53」を使用する際「CNAME」の登録はできません(可能ではしかし、「www」アドレスを使わなければならため、エラーも生じ月を高騰ない)して「Aレコード」を使用して登録しなければならないという点である。寀ー側のIPアドレスを変更するたびに更新してくれるという点が少しチプチプが、通常のサービスであれば、そのようによく変わることがなかったり、特に他の代替もない」Route53」と「寀ー」を連動するような不具合が必然的であるという事実を念頭におこう。

コメント(情報は必要ありません)

Posted in All , 情報 - Information

이메일 구독 - Email Subs

최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
We share the best content we have created.