メニュー 閉じる

Amazon Web Service(AWS)アカウントの作成方法とFAQ

アマゾンウェブサービス(Amazon Web Service、AWS)は、合理的な価格と安定性、そして技術力が大集合しているクラウドコンピューティングサービスである。本当にあらゆる種類のウェブクラウド関連サービスと素晴らしい技術力があるにもかかわらず、価格も圧倒的に効率的であるため、個人、企業を問わず、全世界で最も多くのシェアを持っている。ため些細なドメインの購入と管理からホスティング、クラウドサービスまで、インターネット上で何かを本格的に開始するには、チンヘジョヤするサービスもある。

ただし、どうしても米国企業である見るから純粋な韓国人たちにはメニュー、設定、文化、言語などすべての面でアクセスが少し落ちるのが唯一の欠点である。しかし、実際にしてみると簡単な部分はまた、すごく簡単になっているので、負担持つ必要はない。今日はその基礎中の基礎であるアカウントの作成方法と、会員登録をしながら発生する疑問点や疑問を解決しましょう。

아마존-웹-서비스-AWS-계정-생성-방법과-FAQ-how-to-create-an-amazon-web-service-aws-account-and-faq.gif

    アマゾンウェブサービス(AWS)会員登録、連絡先情報(Contact information)

参考までにAWSを登録し記入する情報は、すべて英語で書かなければならない。サイトの言語を韓国語で変えるも記入は英語でするのを忘れないように。

  1. まず アマゾンウェブサービス(AWS)会員登録ページ に移動して会員登録を開始します。右上の「English」を「韓国語」に変更して行うこともできるが、誤訳も少しあり、むしろ不便なのですっきり、英語のまま進行することをお勧めする。
  2. 順番に「Email address」はメールアドレスを、「Password」にパスワード、「Confirm password」にパスワードの確認、「AWS account name」にアカウント名として使用する名前を書く。本名で少なくともされ、アカウント名を、少なくともされる。
  3. 次は、連絡先の情報(Contact information)ページを満たさなければならない。
  4. アカウントの種類(Account type)は、個人(Personal)を選択する。
  5. 名前(Full name)には、前のページで入力した名前がそのまま入力されているが、そのまま使用しても変更したい場合は変更しても良い。
  6. 電話番号(Phone number)には、国番号を含む必要があるか、それだけで敵のか疑問が生じるが、それだけで少なくともされる。ただしダッシュ「 - 」は抜いて記入する。(ex01012345678)
  7. 国/リージョン(Country/ Region)は、国家大韓民国(Korea、Republic of)を選択する。
  8. アドレス(Address)の2つの列のうちの上の欄には、邑/面/洞までの住所、道路名住所を書き、下の行にはアパート、ビル、階などの詳細アドレスを書く。英語アドレスは ネイバー、ハングルアドレス→英語の住所検索 を介して簡単に調べることができる。
  9. 市/区/時(City)は、文字通り「区/郡/時」に対応するアドレスを書く。
  10. 都道府県/またはリージョン(State/ Province or region)また、時/道名を書く。
  11. 郵便番号(Postal code)は、数字の5桁のの郵便番号を記入すればよい。
  12. 必須同意と選択同意をチェックして、黄色の「Create Account and Continue」をクリックして終了し、次のに進む。

    お支払い情報(Payment Information)

アマゾンウェブサービス(AWS)は、会員登録すると、クレジットカード/デビットカードをアカウントと連動して登録した後は、そのアカウントでのサービスを行うときに登録されているカードで決済する方式で進行される。ので、必ずお支払い情報を入力しなければ会員登録を完了することができる。お支払い情報を入力すると、確認のために、1$が支払いされるが、通常の支払いが行われることを確認して以来、自動的にキャンセルになるから、全然心配することはなく、進行するとされる。

  1. クレジット/デビットカード番号(Credit/ Debit card number) - アカウントと連動させて、今後使用するクレジットカードなどのカード番号を書く。ダッシュ「 - 」は抜いて記入する。
  2. カードの有効期限(Expiration date) - そのカードの有効期限を記入する。当然のことながら、前の2桁の選択が月を意味し、後の4桁は年を意味する。
  3. カード所有者の名前(Cardholder's name) - そのカードの所有者の名前を記入する。もし本人のカード以外のカードで行われる場合などにも、必ずそのカードに連動している」は、カードの所有者の名前」を記載しなければならない。
  4. 請求先住所(Biling address) - 前のページで記入した連絡先アドレスがそのまま読み込んでなる。そのまま使用するとされてもしも新しいアドレスを使用したい場合は、以下の新しいアドレスを使用(Use a new address)を押して、新しいアドレスを入力する。
  5. 下部のセキュリティ転送(Secure Submit)をクリックして終了する。

    資格情報の確認(Confirm your identity)

韓国サービスで言えば「携帯電話番号認証」のような認証プロセスである。

  1. 確認コードをどのように送信できますか?(How should we send you the verification code?) - 認証方式を選択する、基に設定されているテキストメッセージ(Text message)や音声通話(Voice call)の中から選択する。
  2. 国またはリージョンコード(Country or region code) - 大韓民国+81(Korea、Republic of)を選択する。
  3. 携帯電話番号(Cell Phone Number) - 携帯電話の番号を入力する。国番号と一緒に少ないとき先頭の「0」を減算する。私たちは、国番号「+81」を、上記のメニューから選択したので、例えば、電話番号が「010-1234-5678」であれば、ダッシュを抜いて「0」を除いた「1012345678」と記入すればよい。
  4. セキュリティチェック(Security check) - 画面に表示されるセキュリティ文字を、その下のテキストボックスに入力して、下段の「Send SMS」を押して確認すると、認証の文字が来る。
  5. 確認コードを入力し - しばらくすると、入力した携帯電話番号にテキストが飛んでくる、ここに書か4桁のコードを入力して、「コードの検証」をクリックすると、すべての認証が完了している。

    サポートプランの選択(Select a Support Plan)

すべての登録が完了したら、基本的なプラン(Basic Plan)は、開発者プラン(Developer Plan)、ビジネスプラン(Business Plan)の中から選択しなければならない。基本プランは無料で利用することができますので、これを選択すればよい。もし、他のプランを選択したい場合は、価格と内容を読んで選択すればよい。

サポートプランまで選択した後、最終的に会員登録が完了されている!アカウントが有効になると、完了メールを与えるという。どうやら単純なサイトに登録がないため、多少の時間が必要なようだが、間もなく有効メールが来ることを確認することができる。最後に、多くの疑問が生じる部分をドゥェジプ寝る次の通りである。

    FAQ

  • お支払い情報の入力時に1$抜けていくのはどうなりますか?戻りくるか? - 確認用に決済されるものであり戻る。
  • 携帯電話の番号は入力してもいいですか?国番号を入力しなければならてませんか? - 上記の説明どおりには入力してもされ、国番号が必要なページでは国番号を選択することになっている。
  • 登録すると、ハングルでは、少なくともか?英語で書かなければならか? - 英語で書かなければならない。
  • 加入者と決済情報のカード名が互いに異なってもいいですか? - される。
  • アカウントの作成時に最少がかなり重要な部分であるが、これについての情報がウェブになく直接チュートリアルを進行した。付加的な質問事項は、コメントに残した場合、知っているではすべて答えてやる。

    コメント(情報は必要ありません)

    Posted in All , ワードプレス - Wordpress , 情報 - Information

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.