メニュー 閉じる

GIMPの(Gimp)文字や要素に二重線の描き方

GKKmonは、ソフトウェアの機能だけ良ければ、新たに学ばなければならないという不便さがあっても、より良いソフトウェアを使用する傾向がある。ので、画像編集プログラムといえば思い出すの圧倒的な絶対強者、Photoshop(Photoshop)があり、さらにGKKmonは、Photoshopをダルルジュルも知っているが、オープンソースでありながら機能も似ているというGIMPの(Gimp)の話を聞いてじわじわ煮ていった。

直接使ってみた後期は「Photoshopのとほぼ同じ水準だが知られていなくて使わない」という風評とは別の方法で機能的にPhotoshopのより遅れる部分がかなり多い(もちろん、Photoshopより良い機能もある)。その中で最も致命的でありながら有名な欠点は、Photoshopのレイヤーエフェクトなどの機能を使うことができないというものである。もちろん、GIMPでも層エフェクトプラグインを使って似た機能を使用できますが、最新の化されておらず、その機能も不十分が事実だ。

ため、Photoshopでのレイヤーエフェクトを使用して、シンプルで直感的にストロークとの境界線を追加して編集することができますが、GIMPのではとても面倒で不快にする必要があり、さらに韓国語では、検索しても資料も出なくて文を作成する。

    GIMPの(Gimp)文字に二重線を入れる方法

まず、最新のバージョンには、使用可能な層エフェクトプラグインもなく、プラグインがなくても行うことができますので、デフォルトの状態で作成する方法を紹介する。Photoshopのでは簡単にレイヤーエフェクトでストロークを2回追加すると終了ですが、GIMPのではとても面倒である。

  • 1.まず、「テキストツール(T)」を使って任意のテキストを入力します。
  • 2.次のテキストレイヤーを右クリック>「テキストでパス」をクリックします。
  • 3.次に、文字の形にパスが保存されるが、この状態で上部メニュー「選択」>「パスで」をクリックします。
  • 4.次に、テキストの枠パスがキラリながら選択された状態になる。この状態で「選択」>「枠」メニューをクリックすると、太さと属性を入力する画面が表示されるので、太さは「10px」と入力すると、10pxの最初の枠ができて、「Border style」は、枠の角のプロパティを意味する。「Hard」を選択すると、硬く、「Smooth」を選択すると、角が滑らかな境界線が生成される。
  • 5.その属性を入力して「OK」ボタンを押すと、パスが入力値だけ大きくなったことを見ることができる。今「塗りつぶしツール(Shift + B)」を押した後の最初の枠で使用した色を「前景色」にセットして、拡張された枠と、元の文字の間のスペースをクリックします。その後、前景色に最初の枠が生成される。
  • 6.この状態でもう一度「枠」を増やし、また塗るなりそうだが、実際には枠が奥まで侵入するなど異常な現象が現れるので、他の機能を使用する必要がある。
  • 7.「塗りつぶしツール」を使用したそのままの状態で「選択」>「拡大」メニューに入ります。その後、入力ウィンドウ表示されるので、さっき「枠」メニューのような方式である。ピクセル値と角のプロパティを設定した後、「OK」ボタンを押そう
  • 8.次に、枠のパスが伸縮の入力値だけ増えたこと見ることができる。今進ん方法と同様に「塗りつぶしツール(Shift + B)」をクリックして、第二の枠を塗られた色を前景色にセットした後、ボーダーパスとの最初の枠の間のスペースをクリックしましょう。
  • 9.出来上がり!怖い面倒厳しいGIMPの式二重線が完成された!ところで慣れてきたら、また釘ハンモックをほど面倒なこともない。
    • 追加の説明やヒント

    最初から「ストレッチ」を使用していない理由は、は、最初の枠に「枠」を使用すると、丸い'ㅇ', 'O'同じ文字の内側の部分まで枠が満たされるが、ストレッチでは、外側の万満たされるからである。

    ための最初の枠だけ「枠」の機能を使用して、その後に「ストレッチ」機能を使って二重だけでなく、2段、3中、4中、5中などいくらでもマルチボーダーを生成することができる。

    この二重線を使用した後、「Filters」>「Light and Shadow」>「Long Shadow」機能を使用すると、非常に洗練されたきれいなスタイルで長い影スタイルフォントを作成することができる。

    コメント(情報は必要ありません)

    Posted in 画像編集 - Image editing , All

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.