メニュー 閉じる

織田シティ(Audacity)」MP3エンコーディングライブラリを開くことができません」エラーを解決する方法

織田シティ(Audacity)を使用して、音源ファイルを編集して、最も汎用的な「MP3」の拡張子の形式でエクスポートしようとすると「MP3エンコーディングライブラリを開くことができません」というエラー現象が現れる。織田シティをインストールして、あまりにも早い段階で解決したエラーなので忘れているが、YouTubeのコメントにエラー現象を経験しているユーザを発見し説明を作成する。

まあ当然のことながら織田シティで音源編集を終えた後、mp3にエクスポートしたり保存しようとすると「メタデータ」ウィンドウでエラーメッセージが浮かび上がり保存することができないと出てくる、織田シティは、DLLを介してMP3にエンコードを行うので、このDLLファイル、それも無料ライセンスファイルが必要である。動画で例えるならコーデックがなく、ファイルを実行することができないだろうと理解すれば容易である。

    「Lame_enc_dll」の設置

このような状況では、Lame_enc_dllを設置し、簡単に解決することができる。グーグルで「Lame_v3.99.3_for_Windows」と検索したり、https://lame.buanzo.org/#lamewindlページに移動して「Lame_v3.99.3_for_Windows」ファイルをダウンロードしてインストールする。

通常は、インストールするだけで解決されるが、インストール後に継続してメッセージが庭場合には、「Lame検索」ウィンドウで、「Lame_v3.99.3_for_Windows」をインストールヘトトンパスに入って「lame_enc.dll」を選択すれば良い。パスは、64ビットのWindowsベースで'C:\Program Files (x86)\Lame For Audacity'にある。

そして、ファイル保存時に音質を選択することができ、「光跡、320 kbps」を選択すると、最も高い音質な320kbpsに保存することができますので、参考にしよう。

コメント(情報は必要ありません)

Posted in ビデオ制作 - Video making , 全体 - All

이메일 구독 - Email Subs

최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
We share the best content we have created.