メニュー 閉じる

一つのPCで2つのキーボードをそれぞれ認識する方法

二つ、あるいはそれ以上複数のキーボードを一つのPCで他のすべてのボタンに認識させることができるプログラムがある。通常のマルチキーボードとノートブックのキーパッド部分だけ別に購入しUSBで装着したり、機能性も分離のないくせにとても高価なマクロキーボードを購入する必要がするが、全くそんなお金を無駄にする必要がなければ、残るキーボードだけあれば、マクロキーボードなどよりはるか高性能でより多くのホットキーを使用することができているということだ。

このような複数のキーボードマクロキーボードとして活用することは、様々な利点と使い方がありますが、通常は、複雑な航空シミュレーションゲーム系からショートカットに多く活用するほうだ(友達と一緒にキーボード一つのゲームとお互いキーが重なっていない押さ状況を解決することもできる)。GKKmonような場合 オートホットキー(AutoHotkey) を活用して、実務と他のコンピュータの作業で大きな効率と利益を見ているところだ。主キーボードの上にセットしておいて、頻繁に使用するプログラム、頻繁に使用するフォルダ、メモ帳などのユーティリティを登録しておき、ボタンひとつで読み込むのはあまりにも便利で効率的であり、時間を惜しんでくれる。さらに普通のキーボードであるので、「T」ボタンには、時間関連のプログラムを設定するとかしてホットキーを覚えても、はるかに容易である。

    'HID Macros'ダウンロード&インストール

この驚異的なソフトウェアの名前はすぐに'HID macros'である。機能もオムチョンナンデも、オープンソース、すなわちフリーのプログラムであり、 HIDマクロ公式ダウンロードページ で簡単にダウンロードすることができます。私たちが受けなければならプログラムは、最も上にある「LuaMacros」ではなく、その下にバージョンごとに記載されている「HidMacros Download archive」でバージョンをクリックしてファイルを受信すると、になる。現在の基準「version2.3」が最新である。

その「HidMacros」をダウンすればアルチュク形になっているが、圧縮を解除した後、「HIDMacros.exe」を実行してインストールすると、インストールが完了している。

    'HID Macros'使用方法

使用方法は、マクロやマクロ形式のプログラムを頻繁に使ってみたユーザー達にはとても直感的であるが、そうでない場合は少し難しいことができますので、実際に活用するための最小限の機能のみを簡単に説明する。

まず、新しいキーボードを認識し、キーを別の方法で指定するために、私たちが知っておくべき「Hid Macros」の最低限の機能は、現在接続されている入力機器を区別するために「Devices」タブ。実際にキーを入力して、他のキーホットキー、プログラムの実行に接続させる「Macros」タブ。そして、このような設定を変更した後、保存する「Save configuration」ボタンの3つだけ知ってされる。

まず「Devices」タブに移動し、現在のコンピュータに接続されている入力デバイスを確認してみましょう。通常のキーボードを二つ装着した場合は、「Keyb1」、「Keyb2」、「Mouse1」式にキーボード二つとマウス一本を認識したものであり、この状態であれば、プログラムを使用することがつなぐ通常の状況である。ここで「System ID」を使用して、異なるキーボード同士他のキーを認識させることができるものである。

その次は、実質的な機能を担当する「Macros」タブだ。このタブでホットキーを登録する方法は次のとおりである。

  • 「New」ボタンを押して、新しいマクロを登録する(後日「Delete」をクリックすると、削除することができる)。その後、「New Macro」という名前のマクロが生成され、「Name:」の部分で、名前を変更してくれる。通常のキーボードで使用するキーをそのまま入力すると、管理やすい。もし「F1」ボタンをホットキーとして使用する場合、「Name」を「F1」に変更する式である。
  • その次の「Trigger:]の横の「Scan」ボタンをクリックすると、「Press a key or perform mouse event」というウィンドウが浮かび上がりキーを入力することができ、ここでホットキーとして認識させるボタンを押す。たとえば第二のキーボードの「F1」を登録するには、第二のキーボードの「F1」キーを押す必要があります。キーを押すと、横にキーを押し、キーボードのデバイス値である「Keyb2」が入力され、その隣に数字でキー値が登録されるが、こうなると成功である。
  • 最後に、このホットキーで何の行動をするかどうか設定する。基本的に設定されている「send keyboard sequence」は、最も簡単な機能で、ちょうど別のキーに変更する機能である。複数のキーの文字を入力しても使用可能である。ここで最も多く活用することになる機能は、まさに「run application」機能だが、この機能の横に「...」ボタンを押して、キーと接続させるプログラムを登録しておけば、今後、対応するキー(例のような場合は、「F1」ボタン)をクリックすると、ここで連動させておいたプログラムが実行される。私たちのような場合、すぐにメニューから オートホットキー(AutoHotkey) ファイルを連動させ、キーひとつで様々なマクロを動作させることもある。そして設定が完了したら、必ず名前の横に丸いチェックボックスにチェックすることを忘れないようにしましょう。
  • このようにだけ使用しても「HID macros」を使用して新しいキーボードをホットキーとして使用するには全く支障がない。プログラム自体もマクロを作成することができますが、私はオートホットキーが慣れていろいろなことを活用することができて、オートホットキーと連動して使用する。

      'HID Macros'を普段使用するためのセッティング

    まあたまに特別なゲームや機能を使用する場合のみ、このソフトウェアを使用する場合の問題はないが、GKKmonよう新しいホットキーを登録しておいて、日常のコンピュータ作業で常に使用するには、いくつかの不便な点がある。まず、プログラムを閉じると、トレイに移動しない。私の機能を探せないかと思った、出た古いソフトウェアとの機能自体がないようだ。そして、Windows起動時に自動実行機能もない。

    この二つの機能は、やはり オートホットキー(AutoHotkey) で簡単に解決が可能である。

    優先オートホットキーファイルを一つ作ろう。そして、「run」を使って「HID Macros」を開いて、「winwait」にプログラムが開かれるように待って、「winhide」機能でプログラムを隠してみよう(後で「winshow」を使用すると、再び見えるようにすることができる)。コードは以下の通りである。

    run,프로그램의 경로(The path of the program)\HIDMacros.exe
    winwait,ahk_exe HIDMacros.exe
    winhide,ahk_exe HIDMacros.exe
    winhide,HID macros for FS
    

    そしてそうしたオートホットキーファイルをWindowsのスタートアッププログラムに登録させよう。ウィンドウ10の基準'C:\Users\사용자명(User name)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup'フォルダに移動するとされ、Windowsキーを押すと出てくる「プログラムとファイルの検索」ウィンドウ、あるいは「Windows+ R」ボタンを押して実行ウィンドウを浮かべて'shell:startup'と入力すると、スタートアップフォルダが開かれる。ここでオートホットキー、あるいはオートホットキーのショートカットをそのまま入れてしまえばされる。

    これで、Windowsを起動すると、自動的に「HID Macros」が実行されて隠れるので、常に新しいキーボードをホットキーとして使用することができる。この隠し見える」winhide」、「winshow」機能を、またオートホットキーにして登録しておけば、とても便利である。

    コメント(情報は必要ありません)

    Posted in オートホットキー - AutoHotkey , 全体 - All , ヒント - Tips

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.