メニュー 閉じる

Onesignal手動メッセージ送信方法及びUseful tip

シリーズ通りに進めた場合 ワンシグナルメイン画面で、プロファイルを確認し、クリックしてダッシュボードに入ると、さらに詳細な管理を行うことができている。

まず、このページで確認できる情報の中で最も重要なのは「SUBSCRIBED USERS」だ。これ実際のサブスクライバ手間「TOTAL USERS」は、サブスクリプションたがキャンセルしたか、している場合の両方を合わせたユーザ数だ。ここ確認できる情報は、この程度だから、今のプロファイルをクリックして、ダッシュボードに入ってみよう。

ちなみにワンシグナルの機能は、無料/有料ユーザーに応じて分かれて、 ワンシグナルプランページで詳細を確認することができる。

원시그널-Onesignal-수동메시지-보내는-방법-꿀팁-How-to-send-onesignal-manual-message-tips.gif

    ワンシグナル機能

最近ウォンシグナルダッシュボードが更新なってインターフェースが少し変わった、最新版で説明を進める。

  • Dashboardダッシュボード
  • ダッシュボードである、購読者数の現状や、アクティブなユーザーなどを確認することがあります。実際に何人もプッシュメッセージをクリックしたか確認することができますので、実際に分析する際に有用。

  • Messagesメッセージ
  • ここですぐにメッセージを送信することができている。「Messages→Messages」タブに移動して、左上の「NEW PUSH」ボタンを押すと、ユーザーに手動メッセージを送信することができている。以前に複雑したはるかに簡単になり、初めて入るとチュートリアルもあっかなり容易。それでも、より簡単に分割して説明する。

    1. Audience受信者
    2. メッセージを受信先を指定することができていること、「Send to Subscribed Users」は、サブスクライバ全体、「Send to Particular Segment(s)」は、特定のセグメントに指定されたユーザにのみ送信することがあります。クリックしてセグメントを分離したり、設定することができますので、分類する人はするされる。

    3. Messageメッセージの内容
    4. ここでメッセージを送信するものであること、言語を選択することができ、選択しなくてはハングルの少なくともされる。内容を書き留め右側に見える「TEST」画面にリアルタイムでユーザーにどのように送信されるかのプレビューを表示くれる、わからない場合はこれを見てするされる。

      「TITLE」にプッシュメッセージのタイトルを入力し、ズーム。(ex投稿タイトル)」MESSAGE」に加え、メッセージの内容を書き留めてズームします。(ex投稿内容の要約)」IMAGE」に加え添付する画像を設定することができますが、空白に置いておけば ワンシグナルセッティングで設定したプロフィール写真が自動的に選択さ。「LAUNCH URL」メッセージをクリックしたときに移動URLを入力する。同様に空白に置いておけば設定で設定したホームページに移動する。投稿アドレスに行くことを望むそのポスティングアドレスをそのまま入力するとされる。

    5. Scheduleスケジュール
    6. この機能により、予約の発行、特定のオプションの発行を行うことができている。「DELIVERY」メニューから、デフォルトの状態である「Begin sending immediately」を選択すると、すぐにメッセージが送られ、「Begin sending at a particular time」でメッセージの予約時間を定めることがある。「PER-USER OPTIMIZATION」のメニューは、ユーザーごとに最適化された時間帯に送ってくれる機能だが、必要な人は、使用すると、される。

    7. CONFIRM
    8. 入力したら、「CONFIRM」ボタンを押すと、メッセージが送信される。発送した後、すぐに監視画面ゴーゴーが、ここで誰が開いて見たのか等の細かい情報を確認し、分析することができている。

    この他にもメッセージ機能の中には、任意の二つの集団に他のメッセージを送信し、どのようにより効果的かを判断する際に使用する「A/ B Tests」、メッセージテンプレートをあらかじめ設定できる「Templates」、メッセージを自動的に送ることができる「Automated」機能がある。

    通常ABテストとか自動メッセージ機能などは、企業やショッピングモールなどでマーケティング的要素として活用するとき頻繁に使用する部分である。

  • Audienceユーザ
  • アクティブなユーザーとか、サブスクライバなど、ユーザーの詳細情報を確認することができる。「Segments」を分離することができ、「All Users」、「Test Users」に分けて管理することがある。

  • Deliveryメッセージ配信の現状
  • 文字通り「Delivery」の現状をすべてチェックすることができ、これまで過ごしたメッセージと内容は、数人が開いて見たのか、何人に行ったのかなど、本当に細かく確認することができる最高の分析ツール。「Sent Messages送信したメッセージ」、「Scheduled Messagesスケジュールメッセージ」、「Outcomes結果」の3つのタブに分類して確認することができる。

  • Settingsセッティング
  • 初めてのプロファイルを作成するときに設定したセッティングを変更したり、追加することができる。ここで、「Web Push Platforms→Apple Safari」を押して、Safariブラウザにも、Webプッシュを送ること設定することができる(Macのみ)。そのほかの設定は必要な特定のユーザのみが使用すればよい。

    댓글 (정보 필수X)

    Posted in All , ワードプレス - Wordpress

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.