メニュー 閉じる

OneSignalプラグインの詳細設定とメッセージの設定

前の方に続いてOneSignalの詳細設定と機能、およびメッセージの変更について見る。これにより、OneSignalプラグインを自分のサイトに、より適切にカスタマイズすることができ、より高い購読コンバージョン率と不快でないユーザー体験を提供することができる。

設定は、プラグインをインストールすると、ワードプレスの管理ページの左のタブに生じる「OneSignal Push→Configuration」で変更する。上から便利な機能を中心に、一つ一つ調べてみよう。

    Account Settings アカウントの設定

  • My site uses an HTTPS connection (SSL) - 自分のサイトでは、HTTPS接続(SSL)を使用しているかどうかを確認する設定である。SSLが適用されたHTTPSサイトであれば、いれるれる。
  • App ID, REST API Key, Safari Web ID - 前篇 で設定したアプリ名とキー、そして社バリ専用アプリ名である。
    • Sent Notification Settings 送信通知設定

  • Use the post's featured image for the notification icon - プッシュ通知アイコンに投稿の参考画像(サムネイル)を使用するかどうかだ。サムネイルを使用すると、ポストを浮上させることができ、機能をオフにするデフォルトのプロファイルのアイコンに送信されるためのブランドを露出させる有利である。個人的には、モバイルプッシュ通知のアイコン画像は、あまりにも小さいので、サムネイルよりはむしろプロフィールアイコンにブランドを露出させるのがよさそうだ。
  • Use the post's featured image for Chrome's large notification image - 上記のように聞こえる、それはクロムでのみ使用可能な大通知画像の使用するかどうかを意味する。
  • Hide notifications after a few seconds - 通知が開い数秒後に非表示にのかはオプションである。機器ごとに基本的に設定されている非表示の時間が違うので、ユーザーが最も使い慣れた環境で使用できるように設定どおりに置くことをお勧めする。
  • Notification Title - プッシュ通知のタイトルである。サイトのタイトルや、タイトルあるいは名前として使用したいフレーズを書くだけです。
  • Send notifications additionally to iOS & Android platforms - AndroidとIOS(iPhoneの)でプッシュ通知を追加で送るメニューだ。チェックしなくてもという話があるが、もし分からないつけたままう。
    • Prompt Settings & Subscription Bell プロンプトとサブスクリプション・ベル設定

  • Use an alternate full-screen prompt when requesting subscription permission (incompatible with Subscription Bell and auto-prompting) - 登録リクエストフルスクリーンメッセージが開かれる機能です。サブスクリプションのベルと自動メッセージと互換性がありません。環境に応じて、最初から動作していなかったり、全画面表示に浮かぶ面確実に露出はなるがとても不快なユーザー体験を引き起こす可能性があります。
  • Automatically prompt new site visitors to subscribe to push notifications - 新しい訪問者に自動的にプッシュ通知を許可するウィンドウが表示さ。HTTPSサイトの場合、サイトにアクセスしたらすぐ通知要求メッセージがアドレスバーの左側のロック部分に浮かぶ場合が頻繁に見られるが、その機能です。同様に、高グドクユルに切り替えることができますが、不快なユーザー体験を引き起こす可能性があります。個人的にはまだサイトの内容を見て、信頼できるサイトかどうか、あるいは私の心にかかるのかの判断もする前に、通知を許可するメッセージが浮かぶのは無意味で、長期的に良くないと思います。
  • Show the Slide Prompt before prompting users to subscribe - 登録済みの前のスライドプロンプトを表示します。上記の自動プッシュ通知を許可するメッセージより一段階よりスムーズな段階とみるが、上記の自動ホヨンチャンは強制的にブラウザのフォーカスを持って行くので、「CTRL+ W」のようなウィンドウを閉じるショートカットも受け入れられず、いろいろ不快なユーザー体験を提供することができますが、この場合は、はるかに少ないです。ブラウザとは別にサイトに依存しているメッセージであるため、そのまま無視することができるからです。また、CSSでスタイルを調整して控えめなない位置とデザインなどを構成することもあり、GKKmonが最もお勧めする方式です。
  • Enable the Subscription Bell - サブスクリプションのベルを有効にします。サイト左右下端に赤のサブスクリプションベルを有効にします。このベルをクリックして、サブスクリプションとサブスクリプションの取り消しを自由にすることができます。
  • Show the Subscription Bell after users have subscribed - ユーザーが登録した後でも、引き続き購読ベルを浮かせて選択します。引き続き浮かべた場合、ユーザーが自由に解除することができるという利点があるが、誤って何度もクリックして正常にサブスクリプションが行われていない欠点もあります。
  • Show first-time site visitors an unread message icon - 最初の訪問者に購読ベルのアイコンの上のメッセージが一本と数字1アイコンを表示させ。大きな意味ではありませんが、とてもマウスを上げたくなる作成します。
  • Show the OneSignal logo on the Subscription Bell dialog - サブスクリプションのベルダイアログボックスにOneSignalロゴ表示するかどうか。
  • Customize the Subscription Bell text - サブスクリプションのベルテキストのカスタマイズ機能
  • Customize the Subscription Bell offset position - サブスクリプションのベルの位置のカスタマイズは、この機能をオンにすると下部に詳細設定画面が表示されます。画面の下に、両側からいくつかのピクセルを浮かせか設定可能です。
  • Customize the Subscription Bell theme colors - 購読ベルの色をカスタムします。同様の機能をオンにすると下部に詳細な色情報を入力する画面が表示されます。ただし、特別な理由がいるのがない場合は、ユーザーにはおなじみの色のサブスクリプションのベルを書くのも悪くありません。GKKmonは色を変更しません、サブスクリプション・ベルの色に若干の透明度を与え、モバイルユーザーに、よりクェジョンしたユーザーの経験を誘導しました。
  • Size, Position, Theme - 購読ベルの大きさと、左右の位置、色のテーマを選択します。
  • 以下は、サブスクリプションのベルを押したときに、ユーザーに示すメッセージを設定します。デフォルト設定は英語のみ出力されますので、本人のサイトに合わせ現地化をします。
  • First-time visitor message (on Subscription Bell hover) - 初めての訪問者数1フローティングメッセージ
    Tip when unsubscribed - 脱退中の人がベルマウスを上げたときに見えるメッセージ
    Tip when subscribed - 購読中のメッセージ
    Tip when blocked - 通知キャンセル
    Message on subscribed - サブスクリプションの時監査メッセージ
    Message on re-subscribed (after first unsubscribing) - 通知の再サブスクライブメッセージ
    Message on unsubscribed - 解除メッセージ
    Main dialog title - メイン画面のタイトル
    Main dialog subscribe button - メイン画面のサブスクリプションボタン
    Main dialog unsubscribe button - メイン画面解除ボタン
    Blocked dialog title - ブロックメインタイトル
    Blocked dialog message - 遮断時のご案内メッセージ

      HTTP Pop-Up Settings HTTPポップアップセッティング

    先に述べた強制的ではないスライドプロンプトまたはHTTPポップアップ時に開かれるメッセージウィンドウのフレーズを設定します。

  • Customize the HTTP Pop-Up Prompt text - このオプションをオンに設定したフレーズが適用されます。
  • Action Message - メッセージウィンドウに浮かぶフレーズ
    Auto Accept Title (Click Allow) - 自動承諾タイトル
    Site Name - サイト名
    Example Notification Title (Desktop) - 通知の例ウィンドウのタイトル
    Example Notification Message (Desktop) - 通知の例ウィンドウメッセージ
    Example Notification Title (Mobile) - 通知の例ウィンドウ(モバイル)
    Example Notification Message (Mobile) - 通知の例ウィンドウメッセージ(携帯電話)
    Example Notification Caption - いつでも購読を解除することができますようにキャプション
    Accept Button Text - サブスクリプションのウィンドウ承諾ボタンフレーズ
    Cancel Button Text - サブスクリプションのウィンドウキャンセルボタンフレーズ

      Welcome Notification Settings サブスクリプションの歓迎設定

  • Send new users a welcome push notification after subscribing - 登録ようこそメッセージを送信します。
  • Title - メッセージの件名
  • Message - メッセージの内容
  • URL - メッセージをクリックすると、接続URLアドレス
    • Automatic Notification Settings 自動通知の設定

  • Automatically send a push notification when I create a post from the WordPress editor - WordPressエディタで投稿発行するかどうかを設定します。この機能をオンにすると、毎回の記事を作成するときに自動的に通知が行き、機能をオフにするとエディタでチェック項目を使用して選択して送信することができます。
  • Automatically send a push notification when I publish a post from 3rd party plugins - 「3rd」のプラグインを使用して、自動的にプッシュ通知を送信します。
    • UTM Tracking Settings UTMトラッキング設定

  • Additional Notification URL Parameters - ここに追加の通知パラメータのURLを追加し、OneSignalでの分析を拡張させます。
    • Advanced Settings [詳細設定]

  • Additional Custom Post Types for Automatic Notifications Created From Plugins - 自動通知時、他のプラグインなどでさらに設定カスタムポストタイプを設定します。コンマ(カンマ)で区切ります。
  • Use my own manifest.json - 私の「manifest.json」を使用します。
  • Disable OneSignal initialization - OneSignal初期化機能の設定
  • Show status message after sending notifications - 通知を送信した後の状態メッセージを表示します。管理インターフェイスの上部に「#人の受信者にメッセージを送るのに成功した」のような
  • OneSignal設定は、実際に多くの種類があり、それだけディテールに自分のサイトに最適化させることができる点が魅力的です。また、いくつかの機能を除いてすべてに便利です。

    プラグインだけではこの程度セッティングが可能で、今OneSignalサイトにアクセスして、本格的なメッセージの送信と、サブスクライバの管理、分析、統計ツールを使用することができます。

    コメント(情報は必要ありません)

    Posted in All , ワードプレス - Wordpress

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.