メニュー 閉じる

ポリランス(Polylang)重要な設定。パーマリンクは、言語検出、同期、文字列の翻訳

事実、ポリラング(Polylang)をインストールしてから言語設定より一番最初にするべきではポリラングセッティング(Settings)である。理由は、一度翻訳して発行を開始すると、変更することが困難URLセッティング(URL modifications)とか同期(Synchronization)は、実際の訪問者を、その言語のページにリンクしてくれるブラウザの言語を検出(Detect browser language)システムのように、先行しなければ、コア的な機能があるからだ。

もちろん基本的なセッティングがとてもよくなっていて確実に触れることなく、使用しても大きな無理はないが、機能の一つ一つが必要で有用であり、使用方法を正しく知る必要が実際に活用して、サイトの翻訳システムを構成することができますので、重要なセッティングをいくつか挙げて行くようにしましょう。

    URL修正 - URL modifications

訳文の固有のアドレス(パーマリンクは、Permalink)を設定するメニューです。

  • The language is set from content - 言語は内容的に決定されます
  • 訳文のパーマリンクを生成しないということだ。特別な理由がない以上、訪問者の言語に応じて検出してページを移動させ、SEOを向上させ、検索エンジンに公開するには、このメニューは、選ぶ必要はない。

  • The language is set from the directory name in pretty permalinks - サブディレクトリに作成
  • カテゴリーのように、メインアドレスのサブディレクトリにURLを設定する。デフォルト設定であり、ゲクルモンド最も推薦する方式である。サブドメイン方式ではなく、ホストやサーバの設定を触れる必要もなく、検索エンジンに依存しないサイトとして認識されず、同じコンテンツの翻訳版であるという事実を知らせるのに効果的な方法である。

    もしこの方法で英語翻訳を追加する場合、以下のように実装されている

    example.com/
    example.com/post/
    
    example.com/en/
    example.com/en/post/
    
  • The language is set from the subdomain name in pretty permalinks - サブドメインの作成
  • 訳文のURLをサブドメインに設定する。元のマルチサイトでのサブドメインで表現するには、サーバーやホスティング設定を触れなければならず、いくつかの犬の可能なところもあり、そうでないところもありますが、プラグインでは、どこまで可能かどうか分からないし、サブドメインに設定すると、SSLセキュリティ証明書もワイルドカードで発行されるなど、多くの点で複雑になる。

    ためたサイトで、ブログ、ニュース、商品ページなど、大きなメニューを分けるのではない以上、訳文のURLをサブドメインに作成するのは非推奨である。サブドメインに設定すると、以下のように実装される。

    example.com/
    example.com/post/
    
    en.example.com/
    en.example.com/post/
    
  • The language is set from different domains - 別のドメインからの設定
  • 訳文の固有のアドレスを別のドメインから設定する。文字通りサブディレクトリも、ドメインもなく各自の言語をそれぞれ別のドメインで実装するメニューだ。

    選択すると、ポリラング(Polylang)で設定しておいた言語ごとにドメインを入力するテキストフォームが生じ、それぞれ希望のドメインを入力すればよい。どのような場合に必要具体的に考えヘボジンなかったが、コストの面ではノドンミョンではとても面倒に見える。設定すれば、このように実装することができる。

    ko = example-ko.com/
    en = example-en.com/
    

      ブラウザの言語を検出する - Detect browser language

    やっぱり基本的に点灯している設定。シンプルだけど、本当に重要な機能である。この機能をオンにミャン訪問時にユーザーのブラウザで実際にその人が使用している言語でサイトが転換され、国別hreflangを設定するため、Googleの検索エンジンのSEO最適化が行われる。

    ユーザーを本人の言語でリダイレクトさせてくれるだけでも、優れた機能ですが、ユーザーだけでなく、検索エンジンのボットも最適化されている便利な機能との声だ。

      同期オプション - Synchronization

    訳文間で共有される情報を設定するメニューです。たとえば、ここで公開日(Published date)をつけておけばハングルで文を書いて、英語訳を上げたときのような日が適用される。

    本当に便利な機能ですが、タグが多翻訳されていないとき訳文をアップロードすると、テキストのタグまで一緒に消える不便さがある。同期させることができるメニューは以下の通りである。

  • Taxonomies - カテゴリーなどの分類を設定
  • Custom fields - カスタムフィールド
  • Comment status - コメント状態
  • Ping status - pingのステータス
  • Sticky posts - 固定ポスト
  • Published date - 公開日
  • Post format - 投稿形式
  • Page parent - トップページ
  • Page template - ページテンプレート
  • Page order - ページの順序
  • Featured image - プレビュー画像は、サムネイル
  • この3つのがSettingsメニューの中核設定であり、メディアの同期、文字列(Strings)などを同期させてくれるWPML互換モード(WPML Compatibility)、ポリラング削除時のデータを削除するToolsとPolylang Proで使用できる有料機能Shareslugs(スラグ共有)、Translate slugs(スラグ翻訳)がある。

      文字列の翻訳 - String translations

    本文やページ内のコンテンツの他にもサイトのタイトルやカテゴリ名などの文字列を翻訳する。Contentではなく、サイトのオブジェクトのテキストを翻訳するセッティングで、メニューにジプイプと翻訳可能な文字列を各言語別にどのように翻訳するかを入力するテキストフォームがある。

    とても便利で、直感的でありながら、完璧な多言語サイトを構築するのに必要不可欠な機能であるが、認識されて翻訳することができる文字列が限定的という短所がある。この点は、ポリラング(Polylang)Strings translationsカスタム文字列の翻訳を追加するで提示するように翻訳する文字列を追加したり、カスタムすること解決することができる。

    コメント(情報は必要ありません)

    Posted in All , ワードプレス - Wordpress

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.