メニュー 閉じる

プライベートドメインTistory Naver Webmaster登録(RSS、Sitemap)

寀ーブログをネイバーウェブマスターに登録させる文は多いが、 'Personal Domain Tistory Tutorial' シリーズでは、 AWS Route53を介して購入したドメインで寀ーの「個人ドメイン設定」を介して接続させたブログを重点的に話す。当然のことながらネイバーIDは、基本的に必要である。

개인도메인-티스토리-네이버-웹마스터-등록-RSS-사이트맵-private-domain-tistory-naver-webmaster-registration-rss-sitemap.gif

    ネイバーウェブマスターに個人ドメイン寀ーブログ連動

  1. ネイバーウェブマスターツールに接続してログインする。
  2. まさに見える「サイトを追加」欄に「https://ドメイン名(domain-name).com」を入力して「追加」ボタンを押す。ネイバーウェブマスターも「https」、「http」両方を登録するのがよいが、「https」だけ登録しても大きく関係ない。
  3. サイト所有確認を行わなければが、寀ーはHTMLファイルをルートフォルダにアップロードすることができないので、「HTMLタグ」方式を選択して認証する。「所有確認せずにサイトを追加」は、サイトやブログをネイバーに検索されるようにすることができますが、後日、管理ができませんので、必ず認証しなければならない。
  4. 「HTMLタグ」方式を選択すると、「meta name」で始まるメタタグが与えられれるが、このコードをそのままコピーして寀ーブログの「head」の間に入れるとされる。
  5. 寀ー管理画面→スキン編集→HTMLの編集→「/ head」を検索して、そのすぐ上の行にコピーしたコードを貼り付け、「適用」ボタンをクリックして終了する。
  6. 再びネイバーウェブマスターに戻り、下部の防止の文字を入力して「OK」ボタンを押すと、「所有確認完了」ポップアップと確認が完了している。

ここまで進行すると、ネイバーのウェブマスターにブログを登録すること自体は完了した。今の時間を置いて待つ自動的に検出反映がされるが、この検索に反映を最適化させるためのウェブマスターにサイト登録後必須でなければならない設定にまで進行してみよう。

    ネイバーウェブマスターサイト登録後の必須設定

  1. ネイバーウェブマスター連動サイトのリストで、先ほど登録したサイトをクリックしてウェブマスターツールに接続する。
  2. いくつかのメニューが見えますが、後で自分でゆっくり調べていくとされて本質的にしなければならもの」リクエスト」メニューから「RSS」と「サイトマップ」を提出するものである。
  3. 「リクエスト→RSS提出」に移動し「https://ドメイン名(domain-name).com/ rss」を入力して「OK」ボタンを押すと、提出が完了している。ドメイン名の後ろに「/ rss」だけ付ければそれが「RSSアドレス」だ。
  4. 「リクエスト→サイトマップ提出」で 「寀ーサイトマップの作成の定石」 編で作成したサイトマップのアドレスを入力して「OK」ボタンを押すと、提出が完了している。

寀ーの場合、サイトマップを少し不快に作成する必要がしかし、 「寀ーサイトマップの作成の定石」で細かく説明したので、そのまま進行するとされる。ただしネイバーの場合、「サイトマップ」を提出すると、検索時に「ブログ」タブに反映されないという話もありますので、登録前に参考にしよう。

もちろん個人的な経験で見たときには、サイトマップを登録しないとブログタブに必ず露出させてくれるわけでもなく、サイトマップを登録しても、ブログのタブにさらされることもするとか勝手馬鹿げように反映する(ネイバーがあまりにも銅ので...)。そもそもネイバー自体が信頼性が床であるため、ユーザーがいくらのを使っても、最終的に自分たちの口のとおりでたらめさになるから、それだけで行うことができることをしておいて、神経引くほうが長期的に良い。

先に述べたとおり「https」、「http」の二種類のアドレスを登録するには、同じプロセスをアドレスだけ変えて、そのままもう一度進行してくれればされる。

コメント(情報は必要ありません)

Posted in All , 情報 - Information

이메일 구독 - Email Subs

최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
We share the best content we have created.