メニュー 閉じる

AdSenseの「ページレベル是正措置」発行者ポリシー違反を解決

アドセンスを本格的に活用すれば、一日1回程度はAdSenseのページを確認する計画を立てることが良いが、「ページレベルの是正措置」などの重要な発行者ポリシー違反の問題のようなものメールでも通知が飛んできます。

メールの中に青字でハイパーリンクがかかっている」AdSenseのポリシーセンター」に移動するか、直接「アドセンスホーム→アカウント→政策センター」に移動して解決することができ、本物のポリシーに違反した場合もあるが、ほとんどの場合、アドセンスアルゴリズムが正しく把握した場合はとても多いので、すごくつつく必要はありません。

    発行者ポリシー違反を解決チュートリアル

  • 「AdSenseのホーム→アカウント→政策センター」に移動します。
  • 政策センターに移動すると、問題があるサイト、全体が影響を受けたサイト、一部のみ影響を受けたサイト、解決すべき問題、問題のあるページ、サイトの状態、最後の是正措置であるなどを細かく監視することができます。
  • ここで問題があるサイトをクリックします。
  • その後、問題があるページの正確な「URLアドレス」と「解決すべき問題」、「広告掲載の状態」などを確認することができます。
  • 20200218-애드센스 '페이지 수준 시정 조치' 게시자 정책 위반 해결2
    애드센스 페이지 문제 해결

    今回のAdSenseポリシーが更新され変更された事案であるが、かつては無条件ポリシー違反を修正する必要がしたが、今は「重大なポリシー違反」と「広告主の需要制限」になるの違反に分けられます。

    「重大なポリシー違反」は、無条件規約通りに必ず修正するが、規約に違反されないが、「広告主の需要制限」を取ることができる(全年齢コンテンツではなく、かどうか、少し強いコンテンツなど)コンテンツは、ユーザーが広告をダルリギルたいページを修正し、広告が走らなくてもされると、そのまま放っておくなど任意に決めることができます。

  • 「解決が必要な問題」を確認して、ページに問題があることが正しければ修正したあとに、全く問題がないのにアルゴリズムが間違って把握したか、広告主が特定のキーワードでランダムフィルタリングをする風に悔しく違反されたならば、すぐに「検討リクエスト」を介して解決することができます。「検討要求」ボタンを押します。
  • もし問題が「衝撃的なコンテンツ」であれば、そのURL内の衝撃的な部分を削除する必要があり、もしコンテンツ全体が衝撃的であれば、最初からコンテンツ全体を削除及び変更するか、広告コードを消去」の広告掲載を停止する要求」で露出を放棄したりする方法で決定する必要があります。

    掲載停止を要求している過程で、アドセンスの「自動広告」機能を適用中だ単一ページのみ広告を削除するのがナンガムハルときは、「アドセンス→広告→自動広告→URLの詳細設定→新しいURLグループ」に移動し、新しいURLグループを作成し、広告掲載を停止するページを選択するか、追加した後、すべての広告フォーマットを選択していない状態でおくことで、解決することができます。

    このような時に備えて、AdSenseの広告を挿入するときに <div class="Adsense_1">광고 코드</div>式で「Adsense_1」などの特定のクラス名に「div」を包み込んで広告コードを作っておいて、後で問題が生じたときに、そのページのHTML&CSSでAdSenseの広告コードを覆っクラスに「display:none;」を与える方法で活用することができます。

    <div class="Adsense_1">광고 코드</div>
    
    <style>
    .Adsense_1{display:none;}
    </style>
    
  • 「検討要求」をクリックすると、ガイドラインを確認したのかは、フレーズが浮かび、「ガイドラインに基づいて、すべてのことを完了し、このページの検討を要求します。」にチェックした後、「確認要求」をします。
  • 一度に最大200個の検討の要求をすることができ、平均的に1週間以内に解決されるとします。

    댓글 (정보 필수X)

    Posted in All , ワードプレス - Wordpress , 収益化 - Make money

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.