メニュー 閉じる

Route53プライベートドメインTistoryブログ、Googleサーチコンソールに連動

前回編でRoute53ドメインを寀ーに接続場合は、コンテンツを除いて、最初に必要な設定がすぐに検索エンジンにサイトやブログを登録するものである。現在は、ソーシャルやその他の流入などの活路がとても多様で多くなったが、それでもブログのメイン流入経路は、検索エンジンによる検索流入がほとんどだからだ。有名になって再訪問者が多くなることも、最終的に、最初は検索流入が必要なのだ。

そのため、最も重要なのGoogleサーチエンジン寀ーを登録する方法をまず調べるのに、これに関連する内容は、検索すればおびただしいが多く出てくるので、(単に扱う長いことだが)、私たちは、Route53でドメインを購入し、このプライベートドメインを寀ーに接続している特殊な状況での登録方法を調べるものである。登録チュートリアル以後どのような検索エンジンに登録するかどうか、その理由は何なのかなどのUseful tipを戦略的に説明する。

Route53-개인-도메인-티스토리-블로그-구글-서치콘솔에-연동-route53-personal-domain-tistory-blog-linked-to-google-search-console.gif

    グーグルサーチコンソール(Google SearchConsole)に「ドメイン属性」として登録する

既存のGoogleのウェブマスター(現グーグルサーチコンソール)は、URLを介してサイト登録のみをサポートしましたが、最近では、Googleサーチコンソールで更新されたドメイン単位の登録属性がある。過去には、「https://gkkmon.com」、「http://gkkmon.com」、「https://www.gkkmon.com」、「http://www.gkkmon.com」などをいちいち登録する必要が最高の効果を見ることができましたが、今はDNSの認証を使用して、ドメイン自体を登録すると(ex gkkmon.com)複雑なプロセスなしで一度に認識されている優れた機能である。

もちろん、まだ解決すべき問題が見えて、DNS設定にアクセスすることができない場合に使用できない機能はあるが、使用可能な場合は、この方法を使用して登録することが現在では最も効率的である。

  1. グーグルサーチコンソールページに接続した後、新規ユーザーであれば、ログイン後すぐに。既存のユーザーであれば、左上の「プロフィールメニュー→プロパティを追加」を使用してプロパティの種類を選択に進入する。
  2. ドメイン名にドメイン単位で情報を入力して(ex gkkmon.com)「続ける」ボタンを押すと、「DNSレコードを使用して、ドメイン所有権の確認」ウィンドウが表示されるので、ここに書かれた「TXTレコード」をコピーしておく。
  3. Route53ドメイン管理ページに移動し、本人のドメインをクリックして詳細設定で接続する。
  4. 他のメニューは気にせず上部の青色の「Create Recored Set」ボタンを押して、右側に「Create Record Set」メニューを浮かべる。
  5. 「Create Record Set]メニューの「Type」の値のドロップボックスをクリックして「TXT - Text」を選択する。
  6. 下部の「Value:」の値にさっきサーチコンソールからコピーした「TXTレコード」をそのまま貼り付け、青「Create」ボタンをクリックして終了する。ここまで進行すると、DNSの設定は済ませたものである。変更が適用され、時間がかかることもある。
  7. 再びサーチコンソールに戻って右下の青い「OK」ボタンを押すと、所有権の確認が完了している。先に述べた通り、環境に応じて、DNS側の時間がかかることがありますので、すぐに登録しない場合は、一日程度ゆったり待ってから再度同じプロセスで接続して[OK]ボタンを押すだけでくれれば良い。

    グーグルサーチコンソールに「URL属性」として登録する

先進方法でドメイン単位で登録することが最も効率的であるが、DNSのアクセスが不可能、またはエラーが出るなど筆致なく使用することができない場合があります。そんなときには、少し面倒ではあるが「URL登録」方式で登録することができる。

  1. 同様に グーグルサーチコンソールページに接続した後、新規ユーザーであれば、ログイン後すぐに。既存のユーザーであれば、左上の「プロフィールメニュー→プロパティを追加」を使用してプロパティの種類を選択に進入する。
  2. 「URL接頭辞」メニューを選択して、登録するサイトをURL単位ですべて入力して(ex https://gkkmon.com)「続ける」ボタンを押す。
  3. その後、複数の確認方法を選択することができ、Googleのアナリティクスを連動したり、DNS連動をした場合、このプロセスが省略される。寀ー(Tistory)の場合は、ルートの場所にファイルをアップロードすることができないので、「HTMLタグ」方式を選択する。
  4. 「meta name」で始まるコードが発行されるが、このコードを寀ーの <head> セクションに入れてしまえばされる。コードをコピーしておく。
  5. 「寀ー(Tistory)管理者ページ→スキン編集→html編集」に移動した後、 <head>のすぐ下や </head>すぐ上の行にコードを入れて「適用」ボタンをクリックして終了する。
  6. 再び、Googleサーチコンソールページに移動し、「OK」ボタンを押すと、所有権の確認が完了している。
  7. このプロセスを繰り返して、本人が希望するURLルートをすべて登録します。(ex「https://gkkmon.com」、「http://gkkmon.com」、「https://www.gkkmon.com'、'http://www.gkkmon.com')

現在Googleサーチコンソールにサイトの登録がすべて完了した、じっと待つの世話ボットが投稿を掻き行っ露出をしてくれるだろう。このセッティングだけでも十分、Googleにさらされるが、さらにSEO最適化をしてサーチコンソールがサイトをよく認識するようにするためには、サイトマップを登録する必要がある。ただし寀ーの場合、前述のように、ルートフォルダにファイルを更新したり、独自のサイトマップが生成されないため、少し特別な方法が必要だが、この内容は、シリーズ次回で説明するようにする。

どのような検索エンジンに登録する必要がかというと、寀ーの場合、事実上、Googleとネイバーのみ登録すればよい。検索エンジンに別に登録をすべきサイズのサイトは、Google(Google)、ネイバー(Naver)は、次の(Daum)、ビング(Bing)、ズーム(Zum)、ヤンデックス(Yandex)などがあり、実質的にコンテンツが、ハングルであれば、ヤンデックス以降のサイトにまでする必要はない(もちろん本人が望めば完全に登録してもよい)。

また、検索エンジン同士互いに連動している部分がありますが、例えば寀ー(Tistory)ブログは、次のカカオ(Daum Kakao)自社製品と自動的に次の(Daum)で検索露出がされ、ズーム(Zum)は、以下の(Daum)の検索エンジンをもたらす送るために自動的にズーム(Zum)も露出されている(投稿は露出がされますが、サイトの登録は、別にする必要がされるように変わった)。このような連動関係で最も優先順位のものが、Googleで、ため、Googleのみ正しく登録し、サイトの品質が高い場合は、他の場所での世話を掻き行くからである。ただしネイバー、ダウムなどの国内サービスはとても閉鎖的であるため、ハングルでコンテンツを生成する場合別に登録をしてくれる必要がある。

結論を下すと、本人がすべて登録したいたい場合すべて登録するとされ、そうでない寀ー(Tistory)ユーザの場合、Google(Google)とネイバー(Naver)のみ登録すればよい。これと関連し内容も同様にシリーズ次回で説明するようにする。

コメント(情報は必要ありません)

Posted in All , 情報 - Information

이메일 구독 - Email Subs

최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
We share the best content we have created.