メニュー 閉じる

AutoHotkeyテキスト入力ウィンドウ浮かべ内容を保存する。(InputBoxに値を保存して読む)

今日はオートホットキーで任意のマクロを作成しても、必ずしも有用な使わインプットボックス(InputBox)機能です。インプットボックスは文字入力ウィンドウが浮かぶ機能だが、ここで入力した値で、マクロの内容が変更されたり、動作を変えるなど流動的にいくらでも応用が可能です。

    オートホットキー入力ボックス実戦例と説明

まず、最も簡単で基本的なインプットボックスの使い方です。

InputBox,InputText,BoxName
MsgBox %InputText%

まず 'InputBox' で、コマンドを開始し、その次の 'InputText' 部分に変数の値、 'BoxName' 部分にメッセージウィンドウの名前を決めてくれる(ない少なくともされる)。

その後、メッセージボックスの中に以下のテキストが 'InputText' という名前の変数に保存され、いつでも '%InputText%' して保存されたテキストを読み込むことができる。例えば、 'Send, %InputText%' とすると、入力されたテキストを少なくすることができるものである。

しかし、この方法は、コードが含まれている対応するオートホットキーファイルが切れる変数の値が飛んでいく。ため、特定の位置にテキスト文書として保存するアプリケーションの方法もある。

InputBox,InputText,BoxName
FileAppend,%InputText%,C:\InputSave.txt

このように 'FileAppend' にファイルを追加する宣言し、入力された変数の値を以下のあと、ファイルの保存パスとファイル名は、拡張子まで指定してくれればされる。

ただし、この方法を使用すれば、インプットボックスに内容を書くたびに、継続して、以前のテキストに加えて以下が、もし前のテキストは消去毎回新しい値として保存したい場合は、次のようなコードを絞るとされる。

InputBox,InputText,BoxName
FileDelete,C:\InputSave.txt
FileAppend,%InputText%,C:\InputSave.txt

すぐ 'FileDelete' ファイルの削除を宣言した後、同様にパスとファイル名、拡張子を書いてくれれば、既存にあったテキスト文書を削除して、新しく作成するので、毎回最新の入力値に更新される。

最後に、このようにテキスト文書に格納された値を呼び出して、実際に使用した例である。

FileRead,InputText,C:\InputSave.txt
Clipboard=%InputText%

このように 'FileRead' ドキュメントを読んでくださいと宣言した後、変数の値、読み込むファイルのパスを符号化して、同じように、変数の値で呼んで来れば良い。例のように 'Clipboard=%InputText%' とコーディングすると、ドキュメントの保存された値を読み取って、クリップボードにコピーします。この状態で「Ctrl + v」を押すと、そのままの値が出力される。

この方法により、インプットボックスで自由に文書や変数を保存したり、マクロに連動したり、テキストを保存したロードすることができる。インプットボックスに数字を入れて、 'FileRead' を介して読んできた数に応じた行動を指定してもされて、それは本当に無限に活用できる便利な機能である。

コメント(情報は必要ありません)

Posted in オートホットキー - AutoHotkey , All

이메일 구독 - Email Subs

최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
We share the best content we have created.