メニュー 閉じる

HandBrakeを効率的に使用する7つの設定と便利なヒント

ハンドブレーキ(HandBrake)は誰でも無料で利用できるオープンソースのエンコードプログラムである。さらに、このプログラムの機能は、無料という円信じられないほど大幅に優れたために、それは本当に細かくし、専門家的な領域ではなく、上のほとんどの状況で必要なすべてのエンコーディング機能をサポートする。それにしても、有名な国内某エンコードプログラムは、機能も劣って、ビットコイン採掘プログラムを強制的にユーザーのPCに植えるなど(後日この事件と対処法について取り上げる予定である)、実質的にウイルスの拡散器よりも不謹慎な非人間的な行為をしている庭に、全くオシャレありがたいプログラムに違いない。

ただし、どうしても有料サービスを目的としたプログラムではないので、直観性とユーザーインターフェイスが少し落ちる。ため些細な機能をいくつか知っているか知らないかによって、このプログラムの利用率、利便度がものすごく変わる。だから、今日はハンドブレーキ(HandBrake)をインストールして必要とするべきで設定と、知っていれば、数十、数百倍以上に便利になることができるような蜂蜜の機能を調べてみよう。

seven-settings-and-useful-tips-to-use-handbrake-efficiently-핸드브레이크를-효율적으로-사용하는-7가지-설정과-꿀팁

    エンコードファイル名を自動的に指定して保存する

まず、ハンドブレーキ(HandBrake)をインストールして、最初に必要なのは、エンコード済みのファイルが保存されるパスを指定するものである。他のプログラムでは、ずさんな機能であり、簡単に設定することができますが、ハンドブレーキは必ず別に設定してくれないと、エラーメッセージが浮かび上がりエンコードが不可能であり、毎回の下部の「Save As」の欄に直接保存パスを設定してくれるとして信じられないほど面倒である。

  1. ハンドブレーキ(HandBrake)をオンにして左下の「Preferences」に入ってとか、何映像やドラッグアンドドロップすると、オープンファイルなどで開いた後、上部のメニューバーから「Tools→Preferences」に進入する。
  2. 左側のメニューから「Output Files」に進入する。
  3. 「Automatic File Naming(自動的にファイル名を指定)」メニューから「Automatically name output files(自動的に出力ファイル名を指定)」にチェックする。
  4. 「Default Path(保存パス)」を設定する。ダイレクトパスを少なくともされ、右側の「Browse」ボタンを押して、目的のフォルダのパスを訪ね選択すると、パスが入力される。
  5. 「File Format」を設定する。名前がどのように保存されるようにするのかは、いけば、「{source} - {title}」と入力すると、「元のファイル名 - 数字」に保存されて後日管理やすい。ここまで進行すると、必要な設定は、終了したものであり、すぐ使用してもされている。
  6. 「Change case to title case」のタイトル通り、大文字と小文字を変更するかを定める。
  7. 「Replace underscores with a space」下線を空白に変換する。
  8. 「Remove common punctuation」の一般的な句読点を削除する。
  9. 「MP4 File Extension」のエンコードファイルの拡張子を「MP4」、「M4V」、「自動」のどちらことで出力するかを決定する。
  10. このように一度だけ設定しておけば、毎回パスとファイル名を別々に少なくても、自動的に指定しておいたフォルダとファイル名にエンコードされる。

    ファイルをインポートするときの長さの区別なく、すべてのインポート

ハンドブレーキ(HandBrake)を直接使用してみた人だけが共感できる機能ですが、動画をフォルダまま呼び出すと、時々、数個失われることがある(フォルダの中に動画は10ゲンデ8つ呼んでなるとか)。その後、いくつかのファイルが見つからないたのか探して区切る必要がありして、また一度に呼んでた「Queue」ではないので、自動指定されたナンバリングもつかない、後で管理するときも不便になる。

このように、ファイルが欠落して呼んでいる理由は、バグや断続的な現象ではない。まさにハンドブレーキ(HandBrake)デフォルト設定が10秒以下の動画は、読み込まないようになっていてそのようなこと!設定では、この制約を解放ことで簡単に解決することができる。

  1. 同様に「Tools→Preferences」に進入する。
  2. 左側のメニューから「Advanced」に進入する。
  3. 「Minimum length of title to scan(seconds):10」というメニューと10の入力値があろう、まさにこの設定でファイルをインポートするとき、最小の長さを定めることができる。「0」と入力すると、すべてのファイルを区別せずに呼んでいます。

    ハンドブレーキ(HandBrake)複数の動画を一度にエンコードする

同様にハンドブレーキ(HandBrake)を数回使用してみるとすぐに感じることができる不快感なのに、あちこち別のフォルダにある動画をすべて読み込んで一度にエンコードすることができないという点である。一本ずつ別々に、あるいはフォルダごとに別々にエンコードするか、またはすべての動画は、1つのフォルダに移動させてロードする必要が万点がとても面倒なこと、大量の動画を入れてエンコードを回した後、他の仕事をするとか(よくすることもあり)するのが不可能であるため、必ず知っておくべき機能である。

この問題は、まさに「Queue」機能を使用して簡単に解決することができる。タスクのスケジュールなどの機能ですが、使用方法を簡単に例に説明すると次の通りである。

  1. 目的のファイルや動画を呼んでいます。
  2. 上部メニューの「Add to Queue」、あるいはそのドロップダウンメニューである「Add All」(ショートカットはAlt + Aである)を使用して、現在のインポートしたファイルを「Queue」に登録させる。その後、右側に「Queue(1)'式に追加されたことを見ることができる。
  3. これで、次の動画を呼んで来た後、再び「Add to Queue」あるいはショートカット」Alt + A」で、自分が好きなだけ「Queue」を追加する。
  4. すべての動画を追加した場合の横に「Start Queue」をクリックして、「Queue」に登録されたすべての動画を順番にエンコードすることができる!

    その他のハンドブレーキ(HandBrake)Useful tip

設定は、一つ一つ細かく学ぶにはとても時間がかかり、また、一つ一つ調べる必要もなく、直接使用してみるとされている、直感的なやつだ。ただし有用して知っておくと便利な機能は、以下の通りである。

  • エンコード時のビデオの画質の程度、30fps及び60fpsなどの設定
  • 動画のエンコード時に一番気になる部分は、どうしても画質と解像度と関連する部分であるが、ハンドブレーキ(HandBrake)のデフォルトエンコーディングセッティングはFHD30fpsになっているので、60fpsの動画をそのままエンコードする場合は、フレームも30fpsで出力され、画質もデフォルトの設定どおりに進行すると損失が生じることになる。

    中断タブの「Video」メニューから設定することができる。

  • Framrate(FPS) - このメニューでfpsを設定すればよい。元のままエンコードするつもりなら、ドロップフレームを気にせず、元のと同じセッティングすればよい。最も上部の「Same as source」がその機能であるが、時々エラーが私時における直接設定することが最も良い。元の動画ファイルの「右クリック→属性→詳細→フレームレート」で確認することができ、「Constant Framrate」を選択すればよい。
  • Quality - 動画のクオリティを決定する。下のクオリティバー右端にドラッグして値を0にすると、「Warning:RF0 is Lossless!」というメッセージが表示されるので、可逆エンコードだ注意するように音だ。このように「Placebo Quality」に引続きエンコードする損失なしに超画質でエンコードすることができる。
  • 中断タブ「Dimensions」から「Width」と「Height」を直接調節して解像度を変更することができる。
  • ハンドブレーキ(HandBrake)は、たとえ直観性は落ちますが、少し調べてみると本当に多くの機能があり、優れたオープンソースのプログラムである。上記のヒントだけ使用しても、とても快適に使用することができますので、チンピラのようなウイルスの塊某エンコードプログラムは、是非削除し、実質エンコードプログラムを使用するようにしましょう。

    コメント(情報は必要ありません)

    Posted in ビデオ制作 - Video making , All

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.