メニュー 閉じる

Tistoryサイトマップの作成の定石。(グーグルサーチ機、ネイバーウェブマスター)

元しっかりとしたサイトマップの構成は、サイトのドメイン名から直接続く(ルートフォルダ)のパスに存在し、サイトの新しい記事や構造が生じるたびに、リアルタイムで更新されて、検索ロボットに情報を伝える必要があります。しかし、寀ーで自主的にサイトマップを作成し、更新して、ルートフォルダに入れることがすべて不可能なため、サイトマップを作成サイトを通じて一時的にサイトマップを作成し、ファイル添付を使用して、ドメイン名が含まれるようにアップロードして、一時的方便で処理することができる。

もちろん、この方法を使用すると、前述した通りの欠点が存在するが、サイトマップが更新もされず、また、サイトマップの作成サイトが通常無料では、500個、4000個などのインデックス数を制限するので、その限界も明確である。ただし、現在寀ーで特に他の選択肢がなく、たとえ完全に失敗した方法であっても、最初からサイトマップがないよりもはるかにSEOに有利なため、一度登録しておくようにしましょう。

티스토리-사이트맵-만들기의-정석-구글-서치콘솔-네이버-웹마스터-the-essence-of-creating-a-tistory-sitemap-google-search-console-naver-webmaster.gif

    寀ー(Tistory)のブログサイトマップ生成

まずサイトマップ生成サイトを介して寀ーブログのサイトマップを作成してみよう。本人が使用しているサイトがない場合は、次の任意の場所に入ってもされるが、各サイトごとにインデックスの数、「https」をサポートするかどうかなどの詳細が異なる。

  • GoogleのSitemap generation site」を検索
  • 「check-domains.com「XML sitemap generator
  • 「web-site-map.com「XML sitemap generator
  • 「check-domains.com」の時点で、サイトにアクセスした後、「Site URL:」欄にサイトのアドレスを書いて「Create Sitemap」ボタンを押すと、終わりである。サイトのサイズに比例して処理時間が長くジニ反転他の仕事を見て、ゆっくり待ってインデックスが完了すると、使用すると、され、「check-domains.com」だけでなく、ほとんどのサイトマップの作成サイトが使用方法が同じである。

    インデックスが完了したら「XML sitemap - Download」式に「XML」ファイルをダウンロードすることができるリンクが生成される。この「sitemap.xml」がまさにサイトマップを作成するために使用されるファイルと拡張子であり、これだけダウンすればされる。後日、他の検索エンジンに加え登録することができますので、この「xml」のファイルは、どこかに保管しておこう。

      寀ー(Tistory)にサイトマップアップロード

    今寀ーに「XML」ファイルをアップロードして、そのアドレスを使用すると、されるが、サイトマップは、そのドメインのアドレスの後に存在しなければ認識するため、(exドメインのアドレス(Your domain)/sitemap.xml)」スキン編集→ファイルのアップロード」で上げても使用することがない。

    だからといって方法がないわけではない、個々の投稿やテンプレートなどのファイルのアップロードを使用してサイトマップを上げれば「https://ドメイン名(Your domain)/attachment/cfile25.uf@98XZCFSD75468DFS.xml」と同じようにアップロードすることができるので、この方法でアップロードすればよい。投稿にアップロードするのであれば消去もなく、今後も確認しやすい最初の投稿にアップロードすることがよく、これは好きではない別に「サイトマップ」の書式を作成さらにはアップロードしてもよい。

    1. エディタに入って「ファイルアーカイブ→ファイル添付→ファイルを選択→ダウンロードしたsitemap.xmlアップロード→登録」を使用してサイトマップをファイルライブラリにアップロードする。
    2. ファイルライブラリにアップロードされたサイトマップをクリックして、その下の「選択したファイルを本文の現在のカーソル位置に挿入します。」ボタンを使用して挿入する。
    3. 「プレビュー」や「発行」した後、直接投稿の中に添付された「sitemap.xml」ファイルを「右クリック→リンクアドレスをコピー」してリンクを知っている私のもされ、サイトマップを挿入した後、エディタの「HTML」モードに切り替えと
    4. [##_1N|cfile25.uf@98XZCFSD75468DFS.xml|filename="sitemap.xml" filemime="text/xml"|_##]
      

      このようにサイトマップが添付されているが、赤で塗られた「cfile〜xml」の部分だけを持って来て前に

      https://도메인명(Your domain)/attachment/
      

      というアドレスを付ける同じアドレスになる。このようにだ。

      https://도메인명(Your domain)/attachment/cfile25.uf@98XZCFSD75468DFS.xml
      
    5. サイトマップへのリンクを取得したら、投稿の場合、添付ファイル欄には、そのまま残したまま「HTML」でサイトマップの部分だけが削除さあげよう。ポスティングに突然サイトマップが入っていれば異常だからだ。
    6. これで、このサイトマップのアドレスを、Googleはサーチコンソールとネイバーウェブマスターなど、それぞれのサイトマップを送信するところだ提出すると、すべてのプロセスが終わりである。

      サイトマップをGoogleのサーチコンソールまたはネイバーウェブマスターに提出

    事実サイトマップをウェブマスターに送信する方法は、検索エンジンごとに少しずつ違うこともとても簡単である。ので省略しようとしたが、それでも完全に初心者の方のために簡単に説明する。

  • グーグルサーチコンソールの場合 グーグルサーチコンソールページに接続して、左側のメニューの「インデックス→Sitemaps」に進入して、「新しいサイトマップを追加」欄に先立って獲得したサイトマップのアドレスをそのまま貼り付け右側の「提出」ボタンを押すと、完了する。
  • ネイバーウェブマスターの場合 ネイバーウェブマスター連動サイトのリストページに接続して、本人のサイトをクリックし。左側のメニューの「リクエスト→サイトマップ提出」に進入して、「サイトマップ送信」欄に先立って獲得したサイトマップのアドレスのドメイン名を除いた部分「attachment/cfile25.uf@98XZCFSD75468DFS.xml」を入力して「OK「ボタンを押すと、完了する。
  • この他にもいくつかの検索エンジンとウェブマスターが、多同様の方法と省略するようにして(初心者でもいくらでもできる部分である)、簡単だから少し不便も必ず追加してSEOのメリットを享受してみよう。

    単純なチュートリアルではなく、このようにサイトマップ、作成、登録の簡単な原理と理由を知ると、長期的にはあなたに必ず役立つと思う。

    コメント(情報は必要ありません)

    Posted in All , 情報 - Information

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.