メニュー 閉じる

腕を厚くする簡単かつ迅速な隠された二つの方法

それぞれの運動をする理由が異なりますが、特にウエイトトレーニング(Weight training)でボディービル(Bodybuilding)をする人は、その理由がより具体的である。

長い期間ウエイトトレーニングをしてきて、複数の人を相手して見たら、自然に彼ら重点的にコジギルたい成長部位を知ることになった。通常男性がしたいのは、「肩広がる方法」、「腹筋生じる法」、「腕太くなる方法」、「登板広がる法」、「胸大きくなる方法」が5つの方法がほとんどであった。(残念ながら下半身太くなる法は、ほとんどありませんでした。)

特定の部位だけ運動すると、バランスが割れどの体に有害なのか、上半身だけ大きく下半身は棒の数字痩せたらどのくらいのないように見えるかを知っている私の立場では大きくおすすめの方法はありませんが、その根本がさらに美しく、素晴らしい体を作ることにあるボディビルの観点から見たとき、他の人と異性に魅力的に見えると思う部位にさらに集中することは全く不思議なことではないと考えている。

そして既往ハルコ面正しく必要に応じて大振り大振りしかっこよく作ってくれるため、他人は教えていない隠された運動方法を教えてもらおうとする。今日は腕が大きくなるための要素と運動方法を話す。

    どのようにしなければなら腕が厚く見えるかな?

まずどうすれば二の腕が太く見える考えてみよう。当然のことながら二の腕が厚くなければ厚く見えるのは正しい。しかし、私たちがしている運動は、上腕二頭筋が厚くなるより広くのに重点を置いている。

私たちが普段の腕が厚くなるためにする運動は「ダンベルカール(Dumbbell curl)」のような吏読運動と、「ディップ(Dips)類」スタイルの三頭の動きが主達成だ。ところでこのように腕の側面は、運動せずに前後とすることができる部位(正確には「上腕二頭筋のダンヅ「部分と「上腕三頭筋のダンヅ」部分)のみの運動になると、腕が厚くなるより広がる。

これは何と言うのかと、私たちが均一な半径の大きい柱のようなのを見れば「厚い」と思うが、均一ではなく、平面的にのみ広い黒板は「広い」と考えているようだ。ためあの二つの運動だけに固執して運動する場合(もちろんすべてのことも続けると太くなったりするが、時間がかかっそう)、正確に横顔で写真に撮るとき腕が大きく見えるかもしれないが、実際に見る本人と他人の視線では特に「太い」高目に見えないものである。

    短期間に急二の腕が太くなる二つの運動

    「上腕二頭筋ジャンヅ「運動ハンマーカール(Hammer curl)

のために最も早い時間内に効率的に、そして美的にも最も素敵厚い腕を作成するには、「上腕二頭筋のダンヅ」、「上腕三頭筋のダンヅ」だけではなく、「上腕二頭筋のジャンヅ」と「上腕三頭筋のジャンヅ」運動をしなければならない。

「上腕二頭筋のジャンヅ」の代表的な運動は、一般的なダンベルカールのような姿勢でグリップだけニュートラル(Neutral grip)に変えてくれればされる「ハンマーカール(Hammer curl)」がある。

簡単に説明すると、普段は上に行くしてきたダンベルカール、バーベルカール、イージーバーカール、マシンカール、コンセントレーションカールなどが体の方に近い二頭筋を発達させる運動であり、このハンマーカールは外側の側面の二頭筋を育ててくれる運動である。

ため、この部位の筋肉を育て与えると側面が見事に満ちて、横から見たときにのみ二の腕が大きく見えるのではなく、正面から見たときにも厚く見えるようになる。

    「上腕三頭筋ジャンヅ「運動トライセプスエクステンション(Triceps Extension)

次は、上腕二頭筋の2/3を占めている、事実上の腕の最大の面積である上腕三頭筋である。上腕三頭筋は、名前からもわかるように、3つの筋肉に分かれているが、どのような動きをしても目を覚ましと三頭のすべての部位の筋肉を使用したりしますが、私たちが普段にするディップタイプの運動や腕立て伏せ(プッシュアップ)は、「上腕三頭筋の外側二」に比重が多く集まっている。

ため三頭の太さとバランスを合わせて与えるに残りの2つの筋肉である「私の側頭」と「ジャンヅ」を攻略しなければならない。しかし、内側置く、その比重や大きさも小さいだけでなく、内側ヅマン独立して運動することも大変、まあまあ外側両方の運動に自然に介入するので、(それでもしたい場合「オーバーグリップトライセプスプッシュダウン(Over grip Triceps pushdown)」同じ運動があったりする)」ジャンヅ」にさらに集中することが効率的な選択である。

そして、「上腕三頭筋のジャンヅ」開発に効果的な運動は、まさに「トライセプスエクステンション(Triceps Extension)」類の運動である。

トライセプスエクステンションは、文字通り「トライセプス(上腕三頭筋)」を「エクステンション(拡張)」するすべての運動をいう。代表的にダンベルトライセプスエクステンションがイトゲトゴ、横たわるトライセプス拡張機能、スカルクラッシャー、ケーブルトライセプスエクステンションなど肘を頭の方向に真っ直ぐ伸びて、重負荷を頭の後ろから始めて三頭筋を利用して、腕をぱっと展開したがあきらめたがする運動である。

「上腕三頭筋のジャンヅ」はしばしば「腕の肉」と言う三頭筋の体の内側の部分に位置しているので、「トライセプスエクステンション」類の運動の基本的な姿勢である肘を頭の方向にずっと延びる姿勢を通し最大神殿をさせることができ、ため、これらの運動をしたときに最も集中的かつ効率的に「上腕三頭筋のジャンヅ」に刺激と負荷を与えて筋肉を成長させることができる。

    メインルーチンにこの追加すればよい

今私二つの運動をどのように効率的に実行するかが残っているが、本人の運動パターンに応じて少しずつ変形するのが効率的と思われる。

もし本人がプッシュ(Push)、フル(Pull)、下半身のような感じで、3分割の動きをしている場合は、三頭の動きをするプッシュ(Push)の日に本人に元いた三頭の動き+トライセプスの拡張機能、吏読運動をフル(Pull)デーには本人が元いた吏読運動+ハンマーカールのような感じで実行くれるのに有効である。

もし本人が胸&腕、など&肩、下半身&腹筋のような3分割運動をしている場合は、胸&腕の動きをする日吏読と上腕三頭筋を同時に実行するため、上記のような方法では無理がある。ので、最初の3日間は、本来た運動をして、その次の3日のルーチンには、元のしていた運動の代わりにトライセプスエクステンションとハンマーカールを行う方式で、一サイクルずつ運動を交互に行うと効果的である。

この二つの運動を熱心にしてみると、新たな部位の筋肉を発達させるので、その速度もすごく速い上に、それによって目に見えて筋肉と腕の周囲が拡大されることを経験することができる。

Related posts - 관련 글

コメント(情報は必要ありません)

Posted in 筋トレ」っ - Weight training , All

이메일 구독 - Email Subs

최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
We share the best content we have created.