メニュー 閉じる

複数のコンピュータでマウス、キーボード、クリップボード共有する「Input Director」の使い方

GKKmonのコンピュータは、時間が経つにつれ、継続して、より良い製品に置き換えるか、アップグレードしてきたが、十数年の時間が経っても一様に使用される優れたソフトウェアも存在する。今日説明するインプットダイレクター(Input Director)がその十数年が経っても有用なプログラムの一つだ。

「Input Director」は、ウィンドウズ(Windows)操作のフォーマットを使用するだけと、デスクトップやノートブックなどを問わず多くのコンピュータをすべて連動させて、キーボードとマウスは、クリップボードなどを共有することができるプログラムである。つまり、複数台のPCを同時にキョヅゴ、いちいち移動して通うことなく、座った席で、1つのキーボードとマウスで、すべてのコンピュータをコントロールすることができるという意味である。

ため、複数台のPCを使用している環境では、この上なく便利で欠かせないプログラムであるが、このようなキーボード&マウス連動プログラムを使用する場合は、いくつかの要チェックしなければなら基準がある。

    Input Director」の圧倒的な利点

まず最初に、反応速度が速くなければならない。本当に重要な重要な事項である。そもそも一日二日書いてしまったのなら、ソフトウェアを調べてみるもなかっただろうし、これから継続して使用することになるだろう、反応速度が少し遅めでもとても使いにくいなる。キーボードは誤字脱字が起きてしっかりとした入力がされていない可能性が上がり、洗練された座標を実行する必要がマウスは実質的性質から入れ投げなることもある(経験談)。

ためのマウス&キーボードに対応プログラムが、反応速度が遅いのは最初からゴミと断言することができ、実際に使ってみるとたまに遅くだけでもすごく不便である。そのような面で「Input Director」は、私が使ってみた連動ソフトウェアの中で最も速度が速く、、実際使ってみると、本当に時々インターネット環境によってラグがかかるとき以外、これネットワークを介して信号を与えるという事実を忘れてしまうほど、実際に線を挙げてマウスとキーボードを使用しているような錯覚がかかるパフォーマンスを誇る。本当に滑らかに連動されるので、実際に後に言うすべての部分は省略してもかまわないほど素晴らしい。

    インプットダイレクターのインストール方法

ところで、このようなあんなの詳細を教えてください与える前に、本論のインストール方法から調べてみよう。インストールはインプットダイレクター(Input Director)公式ダウンロードリンクに接続してファイルをダウンロードしてインストールをすればよい。現時点基準最新版である「v1.4.1」のバージョンまでリリースされているが、もし連動するPCの動作のフォーマットがすべてのWindows10のような最新版であるか、同じバージョンのオペレーティング・フォーマットを使用したりすると、通常この最新バージョンを取得してインストールするとされている。

しかし、今ではサポートが中止されたVistaとか古いでは、この「v1.4.1」のバージョンは、最初からインストールすらされていないのに、そんな時には下部にある「Input Director v1.4'、' 'Input Director v1.3 Beta」、「Input Director v1.2.2」などの古いバージョンをインストールすればよい。各2016、2012、2010年作であり、本人のオペレーティングシステムに戻るだろうしたい人をダウンロードしてインストールしてみましょう。この古いバージョンをインストールするときに、最も重要な点は、、コンピュータは、Windows Vistaので古いの「v1.2.2」をインストールした場合、メインにセッティングすることが他のコンピュータでも同じように「v1.2.2」をインストールする必要がないということである。「Input Director」は、他のバージョン同士の連動がされていないことを注意しよう。

    インプットダイレクト-Input Directorのデフォルト設定と使用方法

インプットダイレクターをインストールした場合、実際に連動させるための連動段階と、本人に合ったセッティングをするためのセッティング段階二つを経れば快適に使用することができる。事実連動段階のみ経過するには、大きく問題がない。

まずインプットダイレクターで何かを設定する前に、このようなネットワークを介して連動システムを使用するには、Windows自体の本質的に許可するネットワークの設定がある。

  • ウィンドウズキー(Windows Key)を押して、「詳細な共有設定」に進入すると、ウィンドウ10の基準で「コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センター]> [詳細共有設定」である。
  • 「個人(現在のプロファイル)>ネットワークの検索」の設定の中で「ネットワーク探索を有効」メニューを有効にする必要である。もしゲストまたはパブリックネットワークで使用して場合は、その下にある「ゲストまたはパブリック」タブで「ネットワーク探索を有効」を有効にさせよう。
  • さらに、パスワード保護機能により、エラーが私なら、「すべてのネットワーク>パスワードで保護された共有>パスワード保護共有をオフ」機能を有効にするとされる。
  • 基本的なネットワーク設定を済ませたので、もうインプットダイレクターを接続しましょう。まずインプットダイレクターは、1台のマスター(Master)、PCの設定と残りのスレーブ(Slave)PC設定二つのセッティングが必要である。マスターPCは常に一台であり、このPCに接続されたキーボードとマウスを使用して、他の1台以上のすべてのSlave PCをコントロールすることになるだろう。

    連動プロセスは、まず、スレーブPCで可能にするマスターPCのIPアドレスを入力させておいて、マスターPCでそれぞれのスレーブPCに接続すればよい。ここで使用するIPアドレスは、GKKmonの「私のアイピーアドレス確認ページ」から出てくるアドレスラングは、他のものであり、インプットダイレクターを実行すると、「Main」タブの下部に「System Information> Primary IP Address」の部分にあるIPアドレスを使用する必要がある。

      スレーブ(Slave)PCセッティング

  • まずスレーブPCに使用するコンピュータでインプットダイレクターを実行し、「Main」タブで「Enable as Slave」を選択する。
  • 「Slave Configuration」タブに移動して、中央に白い窓がある「Master hostname」の部分の左下にある「Add」ボタンを押す。
  • その後、「Hostname」を入力する画面が表示されるので、ここでマスターPCからインプットダイレクトを実行すると、「Main」ページで確認できるIPアドレスを入力すればよい。数字と点の両方を入力しなければならない。そしてOKをクリックすると、スレーブセッティングは終わりである。
    • マスター(Master)PCセッティング

  • 今マスターピーシーに戻り、「Main」タブで「Enable as Master」を選択する。
  • 「Master Configuration」タブに移動すると、同様に下部に「Slave Systems」ウィンドウ白スペースがあろう、左下の「Add」ボタンを押す。
  • その後、何か様々な情報を入力できるウィンドウが表示されるので、基本的に一番上の「Hostname」の部分にスレーブPCのIPアドレスを同じように数字とドットの両方を入力して「OK」ボタンを押すと、終わりである。
  • セッティングが気にするユーザーのために詳細を説明すると

  • 「Port」は、ポート番号とは、おそらく一般的に「31234」などとなってはずだだけのナップておくとされる。すべて同じポート番号を使用し、ネットワーク接続であるため、「インプットダイレクター同士が道を使用う〜」という意味で理解すればよい。
  • 「Hotkey」は、このモニターに該当するショートカットキーを指定する。「Set Hotkey」をクリックして、ショートカットを設定することができて、「Clear Hotkey」をクリックして、ショートカットを削除することができる。連動した後、ここにセットしたホットキーを押すと、すぐに対応するIPのコンピュータにマウスとキーボードのコントロールが移動する。
  • 「Monitor Setup」は、スレーブPCで複数のモニタを使用しているときに使用するセッティングである。つまり、マスターPCにした台のモニタを使用して、スレーブPCでモニターを二個使用しているときに、スレーブPCで2つのモニタを使用していることを認識させて、モニター三つを認識して移動させるための機能である。おそらく一般人は利用がない機能である。
  • ここまで進行すると、すべての連動が終わる。自由1つのキーボードとマウスで複数のPCを縫う者。

      インプットダイレクトの設定、セッティング、詳細、ヒント、情報

    今デフォルト設定は完了たが、実際にこのまま使うには不便な点が非常に多く発生することができる。例えば、入力ダイレクターで、基本的に最初のスレーブPCを追加すると、自動的にマスターPCの左側に入力されるが、ハイラム当然のことながら、モニターの左にマウスが出た時、スレーブPCに移動するようになり、スレーブPCのモニターが右側にか、あるいは上、下にあるユーザは、不便しかない。

      Master Configuration]タブ

    この場合は「Master Configuration」タブで、直感的に描かれているモニターの画像の中の「Master System」を目安に、スレーブPCのIPアドレスが書かれているモニターをドラッグして位置を設定すれば良い。基本的に上下左右とも位置させることができる。

    このタブで使用できる非常に便利な機能がありますが、一番下を見ると、3台のモニタが接続されている画像と一緒に「Cursor Wraparound」というチェックボックスが表示される。この設定は、例えば、マスターピーシーの右側にスレーブモニターがあるとき、スレーブモニターの右端に到達すると、再びマスターPCの左側に出てくるしてくれる機能である。つまり、モニターを左、右だけ接続させてくれるのではなく、マウスを右にずっと動かす引き続き画面を移動できるように、お互いの端を接続させてくれる「Wraparound」機能である。

    その次に本質的に有用な機能はすぐにショートカット(Hotkey)だ。ネットワークを介して接続するシステムであるだけに、時折ネットワークエラーが出たり、特殊な状況での接続が切断されるはずだが、もしスレーブPCでコントロールを使用する際は、このような問題が発生した場合、マスターPCでもスレーブPCでもマウスとキーボードの両方を使用することができない非常に恥ずかしい状況が演出される。

      Mainタブ

    このような状況に備えて「Main」タブで「Hotkey to return input to Master system」メニューの下部の「Set Hotkey」をクリックして、ホットキーを指定しておこう。今後の連動が解除は何が発生したときに、このショートカットをクリックすると、すぐにマスターPCの中央にコントロールが回復される。

      Master Preferences]タブ

    その次は「Master Preferences」タブで使用できる機能である。様々な機能がありますが、実際に有用であり、重要な機能だけ紹介しよう。

    まず「Transition Options」メニューの中間に曖昧なボタンで作成されている「Setup hotkeys to jump left/ right/ up/ down between systems」機能だが、先にスレーブモニターを指定して、それぞれのホットキーを指定する機能がより効率的ではあるしかし、ここでは上下左右に直感的な移動をするショートカットキーを割り当てることができますので、状況によっては、この場合はより便利こともできる。

    そして、そのすぐ下にある「Transition at screen-edge」機能が最も核心的なのに、各モニタをどのように進むのかを定義する。

    デフォルトの「Immediately」は何の条件なしのモニタを過ぎ通うが、このような場合は、画面の端の部分をクリックしなければならないとかするとき意図せずどんどん他のPCでマウスが移るちゃってとても不便になる。

    「On double tap of edge within」機能を使用すると、ダブルクリックひたすらモニターの端をマウスでダブルフロップフロップばそれを超え店くれる機能である。チェックすると、右側に許容時間が設定されるが、この許可された時間内にダブルタップをすると移る機能である。個人的には、長い期間使用した結果、このダブルタップ機能を使用して、モニターを移動するのが最も効率的で不快な状況があまり発生した。

    「On cursor lingering for」機能は、タブではなく、角に向かって右側に入力した特定の時間だけ継続して粘ればそれ移る機能である。

    そして最後「Do not allow transitions near a monitor's corners」にチェックすると、モニターの最後の角四つの部分では、はまり込んで移動しなくなる。体感1〜2cm程度であり、通常のコントロールボタンは、これらの先端角部に存在するため、非常に便利な機能である。

      Global Preferences]タブ

    最後に、「Global Preferences」タブで設定できる機能である。

    上から「Startup options」の「Run Input director on Startup」にチェックを入れると、Windows起動時に自動実行され、基本的についている。その下では、マスターPCで「Input Director is enabled as a Master」にチェックを、スレーブPCで'' Input Director is enabled as a Slave」をチェックしておけば、自動的にオンと同時に、それぞれの役割に実行される。

    その次は、クリップボードを共有するかどうかを設定する「Clipboard」機能である。「Share Clipboard」は、文字通り、クリップボード共有機能であり、右側の「Exclude...」機能は、ファイルなども共有しているセッティングある。環境に応じて、使用不可能でもある。

    そのほか有効であれした機能は、下のチェックリストの「Cursor"Water Ripple" Effect」にチェックを解除すると、画面を行き来通うときに生じる波の表示がなくなる。

    「Do not center cursor when switching back and forth using hotkeys」にチェックすると、ショートカットを使用して、元の画面に戻るときのデフォルト設定は、画面の真ん中にマウスポインタが位置するが、それはなく、元のマウスがあった座標を覚えて、その桁のまま帰る。

    そして珍しくも連動システムでありながら、メクロ(Macro)機能が存在している!しかし、私はオートホットキーを使用して、マクロを解決するため(GKKmonオートホットキー(AutoHotkey)チュートリアル)使用していない機能である。

      バグと問題点

    慢性的なバグであり問題では、各システムを行き来通う時、断続的に日英が変更される。たとえば、マスターPCから英語への作業途中ちょっとスレーブPCに移った来ればハングルで変わるとかする。

    問題は、スレーブPCを常にキョノトヌンではなく、停止するこ時もありますが、このような時に、マスターPCから意図せず、モニターを超えた大接続が切断されたというエラーメッセージが表示されるので、すごく面倒だ。

      おわりに

    簡単なソフトウェアの紹介をしようとしたが、十数年間使用したプログラムだから愛着が生じ思ったよりもはるかに内容が長くなった。今後、複数のコンピュータでキーボードとマウスを共有するためのプログラムでInput Directorを選択し、人々がこの記事を見に役立ちたい。

    コメント(情報は必要ありません)

    Posted in All , ヒント - Tips , 情報 - Information

    이메일 구독 - Email Subs

    최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
    We share the best content we have created.