メニュー 閉じる

WordPressのモバイル&デスクトッププッシュ通知サブスクリプションOneSignal設定する

メール購読とプッシュ通知サブスクリプション機能は、信頼性の高い優れたWordPressのサイト運営のために不可欠である。ユーチューブのサブスクリプションの通知や、SNSのフォローと似た働きをしてくれて、一度も訪問してしまったユーザーの再訪問を誘導するからである。これは、トラフィックの面でも、検索エンジンへの依存度を減らすの面でも優れた方法である。

その中でも、プッシュ通知サブスクリプションは、電子メールサブスクリプションのよりもはるかに効率的であるが、電子メールアドレスを少なくてもされてワンクリックで行われるので、はるかに高い購読コンバージョン率と継続率を有する。また、電子メールをチェックする習慣がないユーザーにも、携帯電話でカトクのようなメッセージが来たかのように、クラウドメッセージが残るため、アクセスが高まり、実質的な再訪問率もさらに高くなる。

ただしメール購読とは違って、プッシュ通知は、現在、個人が自主的に制作して運営いうほぼ不可能なほどの難易度とメンテナンスコストが入るので、必然的にプッシュ通知サービスを利用しなければならない。 GKKmonサイトを作ることになった理由、ブログを定めるとき、最も重要なことは? 編でも述べたように、サイトにこのような依存的な機能を使用するということはあまり愉快なことはないが、現時点では選択肢がないので、それさえも、最も信頼性の高いと思われる、この分野の1位のサービスOneSignalを使用することとする。GKKmonよう依存性が生じることをとても嫌いがない場合は、継続的なアップデートとメンテナンス、そして管理ツールと機能面ではなく、サービスを利用することがより効果的であることもできる。

    OneSignalをワードプレスのサイトに追加する方法

    OneSignalアプリの作成

  1. まずOneSignalを使用するためには会員登録をしなければならない。 https://onesignal.com/ で登録して、電子メールアドレスに直接作成したり、GitHub、Google、FacebookのIDなどを連動することもある。直接登録時のメールアドレス(Email Address)、パスワード(Password)、企業、または組織名(Company or Organization Name)を記入し、組織名は適当な場合になる。「Create Account」ボタンを押して登録を完了すると、電子メールで確認メールが来て、メール内のリンクをクリックすると、会員登録が完了する。
  2. その会員登録が完了すると、ログインページの OneSignalアプリケーション確認ページ に移動されるが、登録通知をオフにして左上の「ADD APP」ボタンを押した後、「Add a New App」ウィンドウで、アプリの名前(APP NAME)を少なく「ADD APP」をクリックして、作成しましょう。ここで定められた名前でプッシュが来るのではなくOneSignalで区別するための名前である。
  3. 次に浮かぶ「Edit app」ウィンドウで我々が使用機能クロムアイコンの形の「Web Push」を選択し、「NEXT」に進む。
  4. 最初の「Choose Integration」メニューから二番目にある「Wordpress Plugin or Website Builder」を選択する。
  5. その後、「Select your website builder/ cms」メニューが生じるが、最初ののワードプレスを選択する。
  6. 生成された「WordPress Site Setup」ウィンドウに情報を入力する。 「SITE NAME」にサイト名を、「SITE URL」にサイトのアドレスを(アドレス最後にhttps://gkkmon.com/ようにスラッシュがあるべきでない、https://gkkmon.comこのように書かなければならない)少ないと必須入力事項は完了する。 「AUTO RESUBSCRIBE」は、自動再購読機能であるが、HTTPSサイトでのみ使用できる機能である。 「DEFAULT ICON URL」にアイコンをアップロードする。プッシュメッセージに浮かぶアイコンであり、192x192ピクセルのサイズが最適化サイズと述べている。直接アップロードすることもあり、URLや他のサイトから取得することもできる。最後の「My site is not fully HTTPS」は、私のサイトは、完全なHTTPSがないときオンするメニューなのに、SSLセキュリティの問題が残っているかどうか、「HTTP」接続時」HTTPS」に自動的にリダイレクトされないとか不完全なサイトであれば、チェックする。すべて完了したら、下部の「SAVE」ボタンをクリックして終了する。
  7. 「Configure WordPress Plugin」ウィンドウでアプリの作成が完了する。今ワードプレスOneSignalプラグインをインストールして、画面に表示される「APP ID」と「API KEY」を入力すればよい。ウィンドウを浮かべたりコピーしておいて、次のステップに進みましょう。
  8. スキップしてもされている部分であるが、マックで使用される「Apple Safari」ブラウザでも機能を使用するには、下の "SAVE"ボタンを押して設定を完了した後、「Settings」ウィンドウ」Web Push Platforms」メニューから消えている「Apple Safari」をクリックします。
  9. 「Configure Platform」ウィンドウで「Site Name」にサイト名、「Site URL」にサイトのアドレスを入力します。下部のチェックリストは、「HTTPS」のサイトであれば、スキップしてもよい。「SAVE」をクリックして終了する。
  10. その後、「Apple Safari」メニューが点灯し、「ACTIVE」フリンジ確認することがありますが、もう一度クリックします。
  11. さっきとは違って「Web ID」が生成されているが、同様に、このコードをコピーしておく。このコードは、「Safari Web ID」である。
    • WordPressにOneSignalプラグインのインストールとコードを入力

  12. ワードプレスの管理ページに移動し、プラグイン→新規→OneSignal検索→インストール→有効」にプラグインをインストールして有効にする。
  13. インストールが完了すると、左側のタブに「OneSignal Push」タブが追加される。選択入る。赤の「OneSignal Push:Your setup is not complete。Please follow the Setup guide to set up web push notifications。Both the App ID and REST API Key fields are required。」という警告が表示されるので、コードが入力されなかったメッセージから無視すればよい。
  14. 「Setup」タブで、インストール方法や説明などを知らせるのに、ボールの人は見て 'Configuration」タブに移動する。
  15. 「Account Settings」にさっきコピーしておいた「APP ID」を「App ID」欄に、「APP API」を「REST API Key」欄に入力する。先に「Safari Web ID」を作成した場合、SafariのWebユーザ名までさえ入力すればデフォルト設定は、すべて完了したものである。下部の「SAVE」ボタンを押すと、サイトにOneSignalプッシュ通知が浮かぶようになる。

インストールを祝う!このまま使用してもしますが、細かい設定をカスタマイズするほど、より効果が高くなって、ユーザーの経験が向上するので、ぜひ進行しなければならない。細かい設定だけ内容が長いので、次の方に進むようにする。

コメント(情報は必要ありません)

Posted in All , ワードプレス - Wordpress

이메일 구독 - Email Subs

최선을 다해 직접 만든 콘텐츠만 공유합니다.
We share the best content we have created.